フロンティア古典教室

徒然草『丹波に出雲といふ所あり』品詞分解のみ

   

青=現代語訳

 徒然草『丹波に出雲といふ所あり』まとめ

 

丹波(たんば)=名詞

=格助詞

出雲(いずも)=名詞

=格助詞

いふ=ハ行四段動詞「言ふ」の連体形

=名詞

あり=ラ変動詞「ある」の連用形

大社(おおやしろ)=名詞

=格助詞

移し=サ行四段動詞「移す(うつす)」の連用形

=接続助詞

めでたく=ク活用の形容詞「めでたし」の連用形、みごとだ、すばらしい。魅力的だ、心惹かれる

造れ=ラ行四段動詞「造る(つくる)」の已然形

=完了の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形、四段なら已然形

 

丹波(たんば)出雲(いづも)ふ所あり。大社を移して、めでたく造れり。

丹波の国に、出雲という所がある。出雲大社から分けた神の霊を(その丹波の出雲に)移して、立派に神社を作ってある。

 

 

しだの某(なにがし)=名詞

=格助詞

=疑問の係助詞、下に「いふ人」が省略されている。

=間投助詞

しる=ラ行四段動詞「知る/領る(しる)」の連体形、治める。領有する。知る、認識する。

=名詞

なれ=断定の助動詞「なり」の已然形、接続は体言・連体形

=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

=名詞

=格助詞

ころ=名詞

=代名詞

=格助詞

=名詞

=係助詞

=名詞

あまた(数多)=副詞、たくさん、大勢

誘ひ=ハ行四段動詞「誘ふ(さそふ)」の連用形

=接続助詞

 

しだの(なにがし)とかやしる所なれば、秋のころ、(しゃう)(かい)上人(しゃうにん)、その他も人あまた誘ひて、

「しだ」という姓のなんとかと言う人が治めている所なので、(その「しだ」という人が、)秋の頃、聖海上人やその他にも人を大勢誘って、

 

 

いざ=感動詞、さあ

給へ=ハ行四段動詞「給ふ(たまふ)」の命令形、尊敬語。 「いざたまへ」=慣用句。さあいらっしゃい、さあ行きましょう、さあどうぞ

出雲(いずも)=名詞

拝み=マ行四段動詞「拝む(おがむ)」の連用形

=格助詞

かひもちひ=名詞、ぼたもち

召さ=サ行四段動詞「召す(めす)」の未然形、尊敬語、召しあがる。お呼びになる。呼び寄せなさる、取り寄せなさる

=使役の助動詞「す」の未然形、接続は未然形。「す・さす・しむ」には、「使役と尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ていない場合は必ず「使役」の意味である。

=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

とて=格助詞

 

『いざ給へ、出雲拝みに。かいもちひ召させん』 とて、

『さあいらっしゃい、出雲へ参拝に。ぼたもちをごちそうしましょう。』と言って、

 

 

具し=サ変動詞「具す(ぐす)」の連用形、引き連れる、一緒に行く、伴う。持っている

もて行き=カ行四段動詞「もて行く」の連用形、しだいに~してゆく。「もて」は接頭語で、あまり意味はない。

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

=接続助詞

各々(おのおの)=副詞

拝み=マ行四段動詞「拝む(おがむ)」の連用形

=接続助詞

ゆゆしく=シク活用の形容詞「忌々し(ゆゆし)」の連用形、触れてはならない神聖なことが原義。(良くも悪くも)程度がはなはだしい

=名詞

おこし=サ行四段動詞「おこす」の連用形

たり=完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形

 

具しもて行きたるに、各々拝みて、ゆゆしく信おこしたり。

一緒に引き連れて道を進めて行ったところ、みんなそれぞれ参拝して、たいそう信仰心を起こした。

 

 

御前(おまえ)=名詞、貴人のおそば、貴人、お方、あなた。人を指す言葉であったり、場所を指す言葉であったりするので注意。

なる=存在の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形。「なり」は直前が名詞である時、断定の意味になることが多いが、その名詞が場所を表すものであれば今回のように「存在」の意味となる。

獅子(しし)=名詞

狛犬(こまいぬ)=名詞

背き=カ行四段動詞「背く(そむく)」の連用形

=接続助詞

後ろさま=名詞

=格助詞

立ち=タ行四段動詞「立つ」の連用形

たり=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

上人=名詞

いみじく=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても

感じ=サ変動詞「感ず」の連用形  「名詞+す(サ変動詞)」で一つのサ変動詞になるものがいくらかある。例:「音す」、「愛す」、「ご覧ず」

=接続助詞

 

()(まえ)なる獅子(しし)狛犬(こまいぬ)(そむ)きて、後さまに立ちたりければ、上人、いみじく感じて、

社殿の前にある獅子と狛犬が、背中を向け合って、(本来の向きとは)後ろ向きに立っていたので、聖海上人はひどく感動して、

 

 

あな=感動詞 「あな+形容詞の語幹」=感動文「ああ、~」

めでた=ク活用の形容詞「めでたし」の語幹、みごとだ、すばらしい。魅力的だ、心惹かれる

=間投助詞

=代名詞

=格助詞

獅子=名詞

=格助詞

立ち様=名詞

いと=副詞

めづらし=シク活用の形容詞「珍し(めづらし)」の終止形

深き=ク活用の形容詞「深し」の連体形

故(ゆゑ)=名詞、原因、理由。風情、趣。由来、由緒。

あら=ラ変動詞「あり」の未然形

=推量の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

=格助詞

涙ぐみ=マ行四段動詞「涙ぐむ」の連用形

=接続助詞

 

「あなめでたや。この獅子の立ち様、いとめづらし。深き故あらん。」と涙ぐみて、

「ああ、すばらしいことだ。この獅子の立ち方はたいそう珍しい。深いわけがあるのだろう。」と涙ぐんで、

 

 

いかに=感動詞、なんとまあ、おい、もしもし

殿ばら=名詞

殊勝(しゅしょう)=ナリ活用の形容動詞「殊勝なり(しゅしょうなり)」の語幹。 形容動詞の語幹+格助詞「の」=連体修飾語

=格助詞

こと=名詞

=係助詞

御覧じ咎め=マ行下二段動詞「御覧じ咎む(ごらんじとがむ)」の未然形

=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

=疑問の係助詞

無下なり=ナリ活用の形容動詞「無下なり(むげなり)」の終止形、言いようもなくひどい、どうしようもない

=格助詞

言へ=ハ行四段動詞「言ふ」の已然形

=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

「いかに殿ばら、殊勝(しゅしょう)の事は()(らん)(とが)めずや。無下(むげ)なり。」と言へば、

「なんとまあ皆さん、すばらしいことが御覧になってお気づきにならないのですか。情けないことです。」と言うと、

 

 

各々(おのおの)=副詞

怪しみ=マ行四段動詞「怪しむ」の連用形

=接続助詞

まことに=副詞

=名詞

=格助詞

異なり=ナリ活用の形容動詞「異なり」の連用形

けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。「けり」は過去の意味で使われることがほとんどだが、①和歌での「けり」②会話文での「けり」③なりけりの「けり」では詠嘆に警戒する必要がある。①はほぼ必ず詠嘆だが、②③は文脈判断。

=名詞

=格助詞

つと=名詞、土地の名産、土産。土産話。

=格助詞

語ら=ラ行四段動詞「語る(かたる)」の未然形

=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

など=副助詞

言ふ=ハ行四段動詞「言ふ」の連体形

=接続助詞

 

各々怪しみて、「まことに他に異なりけり。都のつとに語らん。」など言ふに、

(同行していた)各々が不思議がって、「本当に他とは違っているなあ。都への土産話にしよう。」などと言うと、

 

 

上人=名詞

なほ=副詞、やはり。さらに。それでもやはり。

ゆかしがり=ラ行四段動詞「ゆかしがる」の連用形、知りたがる、見たがる、聞きたがる

シク活用の形容詞「ゆかし」=心がひきつけられる、見たい、聞きたい、知りたい

=接続助詞

おとなしく=シク活用の形容詞「大人し(おとなし)」の連用形、年配で頭だっている。(大人は落ち着いていて思慮分別のあることから)思慮分別がある。大人びている。

=名詞

知り=ラ行四段動詞「知る」の連用形

=強意の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形。「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる

べき=推量の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。

=名詞

=サ変動詞「す」の連用形

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

神官=名詞

=格助詞

呼び=バ行四段動詞「呼ぶ」の連用形

=接続助詞

 

上人、なほゆかしがりて、おとなしく、物知りぬべき顔したる神官を呼びて、

上人は、さらにそのわけを知りたがり、年配で物の道理が分かっていそうな顔をしている神官を呼んで、

 

 

=代名詞

=格助詞

御社(みやしろ)=名詞

=格助詞

獅子=名詞

=格助詞

立てられ様=名詞

定めて=副詞、きっと、必ず

習ひ=名詞

ある=ラ変動詞「あり」の連体形

こと=名詞

=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

侍ら=ラ変動詞「侍り」の未然形、「あり・居り」の丁寧語。言葉の受け手である神官を敬っている。聖海上人からの敬意。

※「候(さぶら)ふ・侍(はべ)り」は補助動詞だと丁寧語「~です、~ます」の意味であるが、本動詞だと、丁寧語「あります、ございます、おります」と謙譲語「お仕え申し上げる、お控え申し上げる」の二つ意味がある。

=推量の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

ちと=副詞

承ら=ラ行四段動詞「承る(うけたまわる)」の未然形

ばや=願望の終助詞、接続は未然形

 

「この()(やしろ)の獅子の立てられやう、定めて習ひある事に侍らん。ちと承らばや。」

「この神社の獅子の立てられ方は、きっといわれのある事でありましょう。少しお聞きしたい。」

 

 

=格助詞

言は=ハ行四段動詞「言ふ」の未然形

=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。ここでは文脈判断。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

と言はれければ、

とおっしゃったところ、

 

 

=代名詞

=格助詞

こと=名詞

=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

候ふ=補助動詞ハ行四段「候ふ(さうらふ・そうろう)」の終止形、丁寧語。言葉の受け手である聖海上人を敬っている。神官からの敬意。

さがなき=ク活用の形容詞「さがなし」の連体形、性質がよくない、意地が悪い、たちが悪い

童べども=名詞

=格助詞

つかまつり=ラ行四段動詞「仕奉る(つかまつる)」の連用形、(謙譲語)お仕えする、~し申し上げる、いたす

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

奇怪に=ナリ活用の形容動詞「奇怪なり」の連用形

候ふ=補助動詞ハ行四段「候ふ(さうらふ・そうろう)」の連体形、丁寧語。言葉の受け手である聖海上人を敬っている。神官からの敬意。

こと=名詞

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

とて=格助詞

 

「その事に候ふ。さがなき(わらは)べどものつかまつける、奇怪に候ふことなり」とて、

「そのことでございます。いたずらな子供たちがいたしたことで、けしからんことでございます。」と言って、

 

 

さし寄り=ラ行四段動詞「さし寄る」の連用形

=接続助詞

据ゑ直し=サ行四段動詞「据ゑ直す(すえなおす)」の連用形

=接続助詞

往に=ナ変動詞「往ぬ」の連用形、立ち去る、行ってしまう。ナ行変格活用の動詞は「死ぬ・往(い)ぬ・去(い)ぬ」

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

上人=名詞

=格助詞

感涙=名詞

いたづらに=ナリ活用の形容動詞「徒なり(いたづらなり)」の連用形、むだである。むなしい。

なり=ラ行四段動詞「成る」の連用形

=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

さし寄りて、()ゑ直して、()にければ、上人の感涙いたづらになりにけり。

(獅子の方へ)近づいて、置き直して、行ってしまったので、上人の感動の涙は無駄になってしまった。

 

 

徒然草『丹波に出雲といふ所あり』問題

 

徒然草『丹波に出雲といふ所あり』まとめ

 

 

 

 

 - 未分類