フロンティア古典教室

伊勢物語『筒井筒』現代語訳(3)

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら伊勢物語『筒井筒』解説・品詞分解(3)

 

まれまれかの高安(たかやす)()てみれば、

 

ごくまれに、例の高安(の女の所)に来て見ると、

 

 

初めこそ心にくくもつくりけれ、

 

初めの頃は奥ゆかしくとりつくろっていたが、

 

 

今はうちとけて、手づからいひがひ取りて、笥子(けこ)のうつはものに盛りけるを見て、(こころ)()がりて行かずなりにけり。

 

今はすっかり気を許して、自らの手でしゃもじを取って食器に盛っていたのを見て、嫌気がして行かなくなってしまった。

※いひがひ(飯匙)=しゃもじ。  ※笥子=飯を盛る食器

 

 

さりければ、かの女、大和(やまと)の方を見やりて、

 

そうなったので、その女は大和の国の方を見て、

 

 

君があたり  見つつを居らむ  ()(こま)   雲な隠しそ  雨は降るとも

 

あなたのいらっしゃる辺りを眺めながら暮らしましょう。あの生駒山を、雲よ隠さないでおくれ。たとえ雨が降っていようとも。

 

 

と言ひて見いだすに、からうじて、大和人「()む。」と言へり。

 

と言って外を眺めていると、やっとのことで、大和の男は「(あなたの所へ)来よう」と言った。

 

 

喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば、

 

(高安の女は)喜んで待っていたが、その度ごとに(男は来なくてむなしく時が)過ぎてしまったので、

 

 

()むと  言ひし夜ごとに  過ぎぬれば  頼まぬものの  恋ひつつぞ経る

 

あなたが来ようと言った夜が(あなたが来ることもなく)毎度過ぎてしまったので、(私はもうあなたを)頼みに思っていませんが、(それでもまだあなたを)恋しく思いながら暮らしております。

 

 

と言ひけれど、男住まずなりにけり。

 

と歌を詠んだけれど、男は通って来なくなってしまった。

 

 

伊勢物語『筒井筒』解説・品詞分解(3)

 

伊勢物語『筒井筒』まとめ

 

 

 

 - 未分類