フロンティア古典教室

伊勢物語『筒井筒』現代語訳(1)(2)

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら伊勢物語『筒井筒』解説・品詞分解(1)

 

昔、田舎(いなか)わたらひしける人の子ども、井のもとに()でて遊びけるを、

 

昔、田舎まわりの行商などをしていた人の子供達は、井戸の辺りに出て遊んでいたが、

 

 

おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、

 

大人になったので、男も女も互いに恥ずかしがっていたけれど、

 

 

男はこの女をこそ得めと思ふ。

 

男はこの女こそを自分の妻にしたいと思った。

 

 

女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。

 

女もこの男を(夫にしたいと)思い続けて、親は(他の男と)結婚させようとするけれども、聞き入れないでいた。

 

 

さて、この隣の男のもとより、かくなむ、

 

そして、この隣の男のところから、このように(歌を送ってきた)、

 

 

(つつ)()(づつ)  ()(づつ)にかけし  まろがたけ  過ぎにけらしな  (いも)見ざるまに

 

筒型の井戸の井筒と背比べをした私の背丈も(井筒の高さを)超えてしまったようだよ。いとしいあなたに会わないうちに。

 

 

女、返し、

 

女は、返歌を

 

 

くらべこし  振り分け髪も  肩過ぎぬ  君ならずして  たれか()ぐべき

 

(あなたと長さを)比べ合って来た私の振り分け髪も、肩よりも長くなりました。あなたではなくて、誰のためにこの髪を結い上げましょうか。(いえ、あなた以外いません。)

 

 

など言ひ言ひて、つひに本意(ほい)のごとくあひにけり。

 

などと、互いに歌の詠んで、とうとうかねてからの願い通り結婚した。

 

 

(2)

 

さて、年ごろ()るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、

 

そして、数年たつうちに、女は親を亡くし、生活の頼りとなるところを失うにつれて、

 

 

もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、

 

(男は、女と)一緒に、どうしようもなくみじめに暮らしていられようか(、いや、よくない、)と思って、

 

 

河内(こうち)高安(たかやす)(こおり)に、行き通ふ所()()にけり。

 

河内の国の高安の郡に、通って行く(女の)所ができてしまった。

 

 

さりけれど、

 

そうではあったけれど、

 

 

このもとの女、悪しと思へるけしきもなくて、出だしやりければ、

 

このもとの女は、(男が河内へ行くのを)嫌だと思っている様子もなくて、(男を)送り出していたので、

 

 

男、(こと)(ごころ)ありてかかるにやあらむと思ひ疑ひて、

 

男は、(妻も)浮気心があってこのよう(な様子)であるのではないだろうかと思い疑って、

 

 

前栽(せんざい)の中に隠れゐて、河内へ()ぬる顔にて見れば、

 

庭の植え込みの中に隠れていて、河内へ行ったふりをして見ていると、

 

 

この女、いとよう化粧じて、うちながめて、

 

この女は、たいそう美しく化粧をして、(物思いに沈んで)外を眺めて、

 

 

風吹けば  (おき)(しら)(なみ)  たつた山  夜半(よは)にや君が  ひとり越ゆらむ

 

風が吹くと沖の白波が立つという、その龍田山を、夜中にあなたはたった一人で越えているのだろうか。

 

 

とよみけるを聞きて、かぎりなくかなしと思ひて、河内へも行かずなりにけり。

 

と詠んだのを聞いて、(男は)この上なくいとおしいと思って、河内(の女の所)へも行かなくなってしまった。

 

 

続きはこちら伊勢物語『筒井筒』現代語訳(3)

 

伊勢物語『筒井筒』解説・品詞分解(1)

 

伊勢物語『筒井筒』解説・品詞分解(2)

 

伊勢物語『筒井筒』まとめ

 

 

 

 - 未分類