フロンティア古典教室

枕草子『二月つごもりごろに』現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら枕草子『二月つごもりごろに』解説・品詞分解

 

二月(きさらぎ)つごもりごろに、風いたう吹きて、空いみじう黒きに、雪少しうち散りたるほど、

 

二月の末ごろに、風がひどく吹いて、空はとても暗く、雪が少し舞い散っている時、

 

 

(くろ)()主殿司(とのもづかさ)きて、「かうて(さぶら)ふ。」と言へば、寄りたるに、

 

黒戸に主殿司がやってきて、「ここに控えています。」と言うので、近寄ったところ、

※黒戸(くろど)=名詞、清涼殿(せいりょうでん:天皇が普段の生活を行う場所)の北側にある部屋

※主殿司・主殿寮(とのもづかさ)=名詞、宮中の清掃、灯火などの雑事をつかさどる役人。または、それを担当する役所

 

 

「これ、公任(きんとう)(さい)(しょう)殿(どの)の。」とてあるを、見れば、(ふところ)(がみ)に、

 

「これは、公任の宰相殿の(お手紙です)。」と言って差し出しているのを、見ると、懐紙に

 

 

少し春ある  心地こそすれ

 

少し春らしい気持がすることよ

 

 

とあるは、げに今日の気色にいとよう合ひたる。

 

と(書いて)あるのは、本当に今日の様子にたいそうよく合っている。

 

 

これが(もと)はいかでかつくべからむ、と思ひ(わずら)ひぬ。

 

この歌の上の句はどのようにつけるのがよいだろうか、と思い悩んだ。

※本=和歌の上の句。「五・七・五(本:上の句)/七・七(末:下の句)」

作者(=清少納言)は下の句をもらったので、上の句をつけて返すことにしたという事。

 

 

「たれたれか。」と問へば、「それそれ。」と言ふ。

 

「(公任の宰相殿と一緒にいるのは)誰々か。」と尋ねると、(主殿司は)「誰それ(です)。」と言う。

 

 

皆いと恥づかしき中に、(さい)(しょう)の御いらへを、いかでかことなしびに言ひ出でむ、と心ひとつに苦しきを、

 

皆とてもこちらが恥ずかしいと思うくらい立派な方々の中に、宰相殿へのご返事を、どうしていいかげんに言い出せるだろうか(、いや、言い出せない)、と(悩んで)自分一人の心にはつらいので、

 

 

()(まえ)()(らん)ぜさせむとすれど、

 

中宮様に御覧に入れようとするが、

 

 

上のおはしまして、(おお)殿(との)(ごも)りたり。

 

(中宮様は)天皇がいらっしゃって、お休みになっている。

 

 

主殿司(とのもづかさ)は、「とくとく。」と言ふ。

 

主殿司は(返事を急かして)、「早く早く。」と言う。

 

 

げに、遅うさへあらむは、いと取りどころなければ、さはれとて、

 

本当に、(歌が下手な上に返事が)遅くまでもあるとしたら、たいそう取り()がないので、どうとでもなれと思って

 

 

空寒み  花にまがへて  散る雪に

 

空が寒いので、花と見間違えるように散る雪で

 

 

と、わななくわななく書きてとらせて、いかに思ふらむとわびし。

 

と、震えながら書いて(主殿司に)渡して、(相手は)どのように思っているだろうかと(心配で)つらい。

 

 

これがことを聞かばやと思ふに、そしられたらば聞かじとおぼゆるを、

 

このこと(=自分の出した返事の評価)を聞きたいと思うが、悪く言われているならば聞くまいと思われるが、

 

 

(とし)(かた)(さい)(しょう)など、『なほ(ない)()に奏してなさむ。』となむ、定め(たま)ひし。」

 

「俊賢の宰相などが、『やはり(清少納言を)内侍にと天皇に申し上げて任命しよう。』と、お決めになりました。」

※作者(=清少納言)の歌の返事がよかったので、作者を内侍にしてはどうかと天皇に推薦したということ。

 

 

とばかりぞ、()(ひょう)(えの)(かみ)の中将におはせし、語り給ひし。

 

とだけ、()(ひょう)(えの)(かみ)で(当時)中将でいらっしゃった方が、(私に)お話しになった。

 

 

 解説・品詞分解はこちら枕草子『二月つごもりごろに』解説・品詞分解

 

 

 

 - 未分類