フロンティア古典教室

源氏物語『夕顔(廃院の怪)』解説・品詞分解(1)

      2016/07/11

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

原文・現代語訳のみはこちら源氏物語『夕顔(廃院の怪)』現代語訳(1)(2)

 

(よい)過ぐるほど、すこし寝入り給へ に、御(まくら)(がみ)に、いとをかしげなる女居て、

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

 

る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

をかしげなる=ナリ活用の形容動詞「をかしげなり」の連体形。趣深い、趣がある、風情がある。素晴らしい。美しい。こっけいだ、おかしい。カ行四段動詞「招(を)く」が形容動詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

 

宵を過ぎるころ、(光源氏が)少しお眠りになっていると、お枕元に、たいそう美しい様子の女が座って、

 

 

おのがいとめでたしと見奉る、尋ね思ほさ 

 

おの(己)=名詞、自分、私

 

めでたし=ク活用の形容詞「めでたし」の終止形、みごとだ、すばらしい。魅力的だ、心惹かれる。

 

奉る=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連体形、謙譲語。動作の対象である光源氏を敬っている。六条の御息所からの敬意。

 

ば=強調の係助詞。強調する意味があるが、訳す際に無視しても構わない。

 

思ほさ=サ行四段動詞「思ほす(おぼほす)」の未然形、「思ふ」の尊敬語、お思いになる。動作の主体である光源氏を敬っている。六条の御息所からの敬意。

 

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

 

「私が(あなた=光源氏のことを)たいそうすばらしいとお慕い申し上げているのに、(あなたは)訪ねようともお思いにならないで、

 

 

かく 異なることなき人をおはして、

 

斯く(かく)=副詞、このように、こう

 

異なる=ナリ活用の形容動詞「異なり」の連体形、(普通とは)異なる、違っている。特別に優れている、格別だ。

 

率(ゐ)=ワ行上一段動詞「率る(ゐる)」の連用形。率(ひき)いる、引き連れていく。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」と覚える。

 

おはし=補助動詞サ行四段「おはす」の連用形。尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。六条の御息所からの敬意。

 

このように特にすぐれているところもない人(=夕顔)を連れていらっしゃって、

 

 

時めかし 給ふ こそ、いとめざましく つらけれ。」

 

時めかし=カ行四段動詞「時めかす」の連用形、寵愛する、かわいがる。

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。六条の御息所からの敬意。

 

こそ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

めざましく=シク活用の形容詞「めざまし」の連用形。心外で気にくわない、あきれたものだ。すばらしい、立派だ。

 

つらけれ=ク活用の形容詞「辛し(つらし)」の已然形。係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。係り結び。

 

ご寵愛なさるのは、非常に心外で気に食わなくつらいことです。」

 

 

とて、この御かたはらの人をかき起こさ 給ふ

 

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

す=サ変動詞「す」の終止形、する。

 

見=マ行上一段動詞「見る」の連用形。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」と覚える。

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「たまふ」の終止形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

と言って、この(源氏の)おそばの人(=夕顔)を引き起こそうとする夢をご覧になる。

 

 

物に襲はるる心地して、驚き 給へ  、火も消え けり

 

驚き=カ行四段動詞「驚く(おどろく)」の連用形、目を覚ます、起きる。はっと気づく。

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

れ=完了の助動詞「り」の已然形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして②の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

 

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

物に襲われるような気持がして、目をお覚ましになると、灯火も消えてしまっていた。

 

 

うたて 思さ るれ 太刀(たち)を引き抜きて、うち置き給ひて、()(こん)を起こし給ふ

 

うたて=副詞、いやに、不快に。事態が悪い方へ進むさま、ますます、ひどく。普通でないさま、気味悪く。

 

思さ=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の未然形、「思ふ」の尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

るれ=自発の助動詞「る」の已然形、接続は未然形。「る・らる」は「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があり、「自発」の意味になるときはたいてい直前に「心情動詞(思う、笑う、嘆くなど)・知覚動詞(見る・知るなど)」があるので、それが識別のポイントである。

自発:「~せずにはいられない、自然と~される」

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。最後の「給ふ(終止形)」も同じ。

 

気味悪くお思いになられたので、太刀を引き抜いて、お置きになって、右近(=夕顔にお仕えしている侍女)を起こしなさる。

 

 

これも恐ろしと思ひたるさまて、参り寄れ

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

 

参り=ラ行四段動詞「参る」の連用形、「行く」の謙譲語。動作の対象である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

り=完了の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

この右近も恐ろしいと思っている様子で、(光源氏の)おそば近くに寄ってきた。

 

 

(わた)殿(どの)なる宿直(とのい)(びと)起こして、()(そく)さして参れ言へ。」とのたまへ 

 

なる=存在の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形。「なり」は直前が体言(名詞)である時、断定の意味になることが多いが、その体言が場所を表すものであれば今回のように「存在」の意味になることがある。訳:「~にある」

 

参れ=ラ行四段動詞「参る」の命令形、「行く」の謙譲語。動作の対象である光源氏、あるいは夕顔を敬っている。光源氏からの敬意。

 

言へ=ハ行四段動詞「言ふ」の命令形

 

のたまへ=ハ行四段動詞「宣ふ(のたまふ)」の已然形。「言ふ」の尊敬語。おっしゃる。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

(光源氏が)「渡殿にいる宿直人を起こして、紙燭をつけて(こちらへ)参上せよと言ってきなさい。」とおっしゃると、

※渡殿=渡り廊下

※宿直人(とのいびと)=宮中などに宿泊して、勤務や警護をする職務の人。

※紙燭(しそく)=室内で使う小さな松明(たいまつ)。

 

 

いかで  まから 。暗うて。」と言へ

 

いかで=副詞、(反語・疑問で)どうして

 

か=反語・疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

まから=ラ行四段動詞「罷る(まかる)」の未然形、謙譲語。退出する。参る。動作の対象である光源氏を敬っている。右近からの敬意。

 

む=意志の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。係助詞「か」を受けて連体形となっている。係り結び。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

(右近は)「どうして行けましょうか。(いえ、)暗くて(行けません)。」と言うと、

 

 

あな、若々し。」と、うち笑ひ給ひて、手を叩き給へ 山彦(やまびこ)の答ふる声、いとうとまし

 

あな=感動詞、ああ、あら、まあ

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。後の「給へ(已然形)」も同じ。

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

うとまし=シク活用の形容詞「疎まし(うとまし)」の終止形、気味が悪い。いやだ。

 

(光源氏は)「なんとまあ、子どもっぽい。」と、お笑いになって、(人を呼ぶために)手をたたきなさると、こだまの答える音が、とても気味が悪い。

 

 

聞きつけ 参ら に、

 

え=副詞、下に打消の表現を伴って「~できない」

 

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

 

参ら=ラ行四段動詞「参る」の未然形、「行く」の謙譲語。動作の対象である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

 

誰も(その音を)聞きつけられず、(こちらへ)参上しない上に、

 

 

この女君、いみじく わななき 惑ひて、いかさまに  と思へ

 

いみじく=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても。

 

わななき=カ行四段動詞「わななく」の連用形、震える。

 

惑ひ=ハ行四段動詞「惑ふ」の連用形、心が乱れる、あわてる、悩む。迷う。途方に暮れる

 

いかさまに=ナリ活用の形容動詞「いかさまなり」の連用形、どのようだ、どんなふうだ。

 

せ=サ変動詞「す」の未然形、する。

 

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

り=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

この女君(=夕顔)は、ひどく震えうろたえて、どのようにしようかと思っている。

 

 

汗もしとどになりて、我か気色 なり

 

我か=自分かどうかも分からない、正気でない。

か=疑問の係助詞

 

気色(けしき)=名詞、様子、状態。ありさま、態度、そぶり。

 

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

汗もびっしょりとなって、正気ではない様子である。

 

 

「物怖ぢをなむ わりなく  させ 給ふ(ほん)(じょう)て、

 

なむ=強調の係助詞

 

わりなく=ク活用の形容詞「わりなし」の連用形、「理(ことわり)なし」と言う意味からきている。道理に合わない、分別がない、程度がひどい。

 

せ=サ変動詞「す」の未然形、する。

 

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である夕顔を敬っている。右近からの敬意。

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語

 

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

 

「(夕顔は)なにかと怖がることをひどくなさるご性質で、

 

 

いかに 思さ るる  。」と、右近も聞こゆ

 

いかに=副詞、どんなに、どう。「いかに」の中には係助詞「か」が含まれていて係り結びが起こる。

 

思さ=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の未然形、「思ふ」の尊敬語。動作の主体である夕顔を敬っている。右近からの敬意。

 

るる=自発の助動詞「る」の連体形、接続は未然形。「る・らる」は「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があり、「自発」の意味になるときはたいてい直前に「心情動詞(思う、笑う、嘆くなど)・知覚動詞(見る・知るなど)」があるので、それが識別のポイントである。

自発:「~せずにはいられない、自然と~される」

 

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

 

か=疑問の係助詞、結びは連体形となるが、直後に「あら(ラ変動詞・已然形)/む(推量の助動詞・連体形)」、「侍れ(ラ変動詞・丁寧語・已然形)/む(推量の助動詞・連体形)」などが省略されている。係り結びの省略。

※今回のように係助詞の前に「に(断定の助動詞)」がついている時は「あり(ラ変動詞)」などが省略されている。場合によって敬語になったり、助動詞がついたりする。

「にや・にか」だと、「ある・侍る(「あり」の丁寧語)・あらむ・ありけむ」など

「にこそ」だと、「あれ・侍れ・あらめ・ありけめ」など

 

聞こゆ=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の終止形、「言ふ」の謙譲語。動作の対象である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

どんなに(恐ろしく)お思いでございましょうか。」と右近も申し上げる。

 

 

いとか弱くて、昼も空をのみ見つる ものをいとほし思して、

 

つる=完了の助動詞「つ」の連体形、接続は連用形

 

ものを=逆接の接続助詞、活用語の連体形につく。「もの」がつく接続助詞はほぼ逆接の意味となる。たまに順接・詠嘆の時がある。ここはおそらく「詠嘆」の意味。

 

いとほし=シク活用の形容詞「いとほし」の終止形、かわいそうだ、気の毒だ。困る、いやだ。かわいい、いとしい。

 

思し=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連用形、「思ふ」の尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。

 

(夕顔は)たいそうか弱くて、昼も空ばかり見ていたというのに、かわいそうだとお思いになって、

 

 

「我、人を起こさ。手たたけ山彦の答ふる、いとうるさし。ここに、しばし、近く。」とて、

 

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

うるさし=ク活用の形容詞「うるさし」の終止形、わずらわしい、面倒だ、うっとうしい。いやだ。

 

(光源氏は)「私が人を起してこよう。手をたたくとこだまが響くのが、ひどくうっとうしい。ここに、しばらく、(夕顔の)近くに(いてくれ)。」と言って、

 

 

右近を引き寄せ給ひて、西の(つま)()に出でて、戸を押し開け給へ  、渡殿の火も消え けり

 

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意。後の「給へ(已然形)」も同じ。

 

れ=完了の助動詞「り」の已然形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

 

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

右近を(夕顔のそばに)お引き寄せになって、西の妻戸のところに出て、戸を押し開けなさったところ、渡殿の灯火も消えてしまった。

 

 

続きはこちら源氏物語『夕顔(廃院の怪)』解説・品詞分解(2)

 

 

源氏物語『夕顔(廃院の怪)』まとめ

 

 

 

 - 未分類