フロンティア古典教室

宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』問題(文法・読解・現代語訳)

   

解答はこちら宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』問題の解答(文法・読解・現代語訳)

 

これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。それが若かりけるとき、清水の橋のもとにて、京童部どもといさかひをしけり

 

京童部手ごとに刀を抜きて、忠明を立ち込めて、殺さむとしければ、忠明も太刀を抜きて、御堂ざまに上るに、御堂の東のつまにも、あまた立ちて向かひ合ひたれば、内へ逃げて、蔀のもとをわきに挟みて、前の谷へ踊り落つ

 

蔀、風にしぶかれて、谷の底に鳥のゐるやうに、やをら落ちにければ、それより逃げて往にけり。京童部ども谷を見下ろして、あさましがり、立ち並みて見けれども、すべきやうもなくて、やみにけりとなむ

 

 

問題1.②立ち込め、⑤踊り落つ、の主語をそれぞれ答えよ。

 

 

 

問題2.わ行とや行にある5字をひらがなとカタカナで歴史的仮名遣いを用いて答えよ。

(あ行の解答例   ひらがな:あいうえお    カタカナ:アイウエオ)

 

わ行   ひらがな:            カタカナ:

 

や行   ひらがな:            カタカナ:

 

 

問題3.「⑦あさましがり」の意味を答えよ。また、京童部どもがこのような態度をとった理由を答えよ。

 

意味:

 

理由:

 

 

問題4.「⑧すべきやうもなくて、やみにけりとなむ」、において、

ⓐ係助詞「なむ」の用法として適切なものを次のア~ウの中から選びなさい。『ア.係り結び  イ.係り結びの消滅(流れ)  ウ.係り結びの省略』

ⓑ係助詞「なむ」について、係り結びが起きた際の結びの活用形は何になるか答えよ。

ℂ「すべきやうもなくて、やみにけりとなむ」の現代語訳を答えよ。

 

 

 

問題5.「①いさかひをしけり」、「③殺さむとしければ」、「④あまた立ちて向かひ合ひたれば」、「⑥やをら落ちにければ、それより逃げて往にけり」、の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 

 

解答はこちら宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』問題の解答(文法・読解・現代語訳) 

 

宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』まとめ

 

 

 

 - 未分類