フロンティア古典教室

枕草子『宮に初めて参りたるころ』現代語訳(1)(2)(3)

      2016/06/26

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら枕草子『宮に初めて参りたるころ』解説・品詞分解(1)

 

(みや)に初めて参りたるころ、

 

中宮様の御所に(お仕えするために)初めて参上したころは、

 

 

もののはづかしきことの数知らず、涙も落ちぬべければ、

 

何かと恥ずかしいことが数多くあり、涙も落ちそうなので、

 

 

夜々参りて、(さん)(じゃく)()()(ちょう)の後ろに候ふに、絵など取り出でて見せさせ給ふを、

 

(顔の見える明るい昼間ではなく)夜ごとに参上して、三尺の御几帳の後ろにお控え申し上げていると、中宮様は絵などを取り出して見せてくださるが、

 

 

手にてもえさし出づまじう、わりなし。

 

(私は)手を差し出すこともできないぐらい、(恥ずかしくて)どうしようもない。

 

 

「これは、とあり、かかり。それが、かれが。」などのたまはす。

 

「この絵は、ああです、こうです。それが、あれが。」などと(中宮様は)おっしゃる。

 

 

(たか)(つき)に参らせたる(おお)殿(とな)(ぶら)なれば、

 

高坏におともししてある大殿油(=灯火(ともしび))であるので

 

 

髪の筋なども、なかなか昼よりも()(そう)に見えてまばゆけれど、念じて見などす。

 

髪の毛の筋なども、かえって昼間よりもはっきり見えて恥ずかしいけれど、我慢して見たりする。

 

 

いと冷たきころなれば、さし出でさせ給へる御手のはつかに見ゆるが、

 

たいそう冷える時期なので、(中宮様の)差し出していらっしゃるお手が(袖口から)わずかに見えるのが、

 

 

いみじうにほひたる薄紅梅なるは、限りなくめでたしと、

 

たいそうつややかな薄紅梅色であるのは、この上なくすばらしいと、

 

 

見知らぬ里人心地には、かかる人こそは世におはしましけれと、

 

(宮中のことを)見知っていない(私のような)里人の気持ちには、このような(すばらしい)方もこの世にはいらっしゃるのだなあと、

 

 

おどろかるるまでぞ、まもり参らする。

 

はっと気づかずにはいられないほど、お見つめ申し上げる。

 

 

(2)

 

(あかつき)にはとく下りなむといそがるる。

 

明け方には早く退出しようと自然と気が()く。

 

 

(かづら)()の神もしばし。」など仰せらるるを、

 

「葛城の神(のように夜明けを嫌うあなた)も、もうしばらくは(ここにいてもよいのではないですか)。」などと(中宮様は)おっしゃるが、

 

 

いかでかは(すじ)かひ御覧ぜられむとて、

 

どうして斜めからでも(私の顔を中宮様に)御覧になられようか(、いや、御覧になられたくない)と思って、

 

 

なほ伏したれば、()(こう)()も参らず。

 

そのまま伏せているので、御格子もお上げしていない。

 

 

女官ども参りて、「これ、放たせ給へ。」など言ふを聞きて、

 

女官たちが参上して、「これ(=格子)をお開けください。」などと言うのを聞いて、

 

 

女房の放つを、「まな。」と仰せらるれば、笑ひて帰りぬ。

 

(他の)女房が開けるのを、「(開けては)いけません。」と(中宮様が)おっしゃるので、(女房は)笑って帰ってしまった。

 

 

ものなど問はせ給ひ、のたまはするに、久しうなりぬれば、

 

(その後、中宮様は)何かと質問をなさったり、お話しなさるうちに、長いこと時間がたったので、

 

 

「下りまほしうなりにたらむ。さらば、はや。

 

「退出したくなったでしょう。それでは、早く(お下がりなさい)。

 

 

夜さりは、とく。」と仰せらる。

 

夜になる頃には、早く(来てください)。」と(中宮様が)おっしゃる。

 

 

ゐざり隠るるや遅きと、上げちらしたるに、雪降りにけり。

 

(中宮様の前から)(ひざ)をついたまま(後ろに下がって)隠れるやいなや、(女房たちが格子を)乱暴に上げると、(外は)雪が降っていた。

 

 

(とう)()殿(でん)()(まえ)は、(たて)(じとみ)近くてせばし。雪いとをかし。

 

登花殿の前のお庭は、立蔀(=板戸)が近くて狭い。(しかし、)雪景色はたいそう趣がある。

 

 

(3)

 

昼つ方、「今日は、なほ参れ。雪に曇りてあらはにもあるまじ。」など、

 

昼ごろ、(中宮様から)「今日は、やはり(昼間にも)参上しなさい。雪で曇っていて、丸見えでもないでしょう。」などと、

 

 

たびたび召せば、この(つぼね)のあるじも、「見苦し。

 

たびたびお呼びになるので、この局(=部屋)の主人も、「見苦しいですよ。

 

 

さのみやは(こも)たらする

 

そのように(局に)こもってばかりいようとするのですか。(いや、そのようにこもってばかりいてはいけませんよ。)

 

 

あへなきまで()(まえ)許さたるは、

 

あっけないほど(容易に)中宮様の御前に伺候することが許されたのは、

 

 

さおぼしめすやうこそあらめ。

 

そうお思いになる理由があるのでしょう。

 

 

思ふにたがふはにくきものぞ。」と、

 

ご好意に(そむ)のは腹の立つものですよ」と言って、

 

 

ただいそがしに出だし立つれば、

 

ひたすら急がせて出仕させるので、

 

 

あれにもあらぬ心地すれど参るぞ、いと苦しき。

 

自分が自分でない心地がするけれど参上するのは、とてもつらい。

 

 

火焼屋の上に降り積みたるも、めづらしう、をかし。

 

火焼屋の上に(雪が)積もっているのも、珍しく、趣深い。

 

 

枕草子『宮に初めて参りたるころ』解説・品詞分解(1)

 

枕草子『宮に初めて参りたるころ』解説・品詞分解(2)

 

枕草子『宮に初めて参りたるころ』解説・品詞分解(3)

 

枕草子『宮に初めて参りたるころ』まとめ

 

 

 

 - 未分類