フロンティア古典教室

孟子『性善/性は猶ほ湍水のごときなり』問題の解答

   

下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・青=解答・赤=解説

問題はこちら孟子『性善/性は猶ほ湍水のごときなり』問題

 

告子曰ハク、「①性ホ/キ湍水。決スレバ東方②則東流、決スレバ西方、則西流。人性之無キハカツ於善・不善也、③猶水之無分於東西也。」

 

孟子曰ハク、「水キモカツ於東西、無カランカツコト於上下乎。人性之善ナルハ也、猶ホ/キ水之就一レクガキニ也。④人無ルコトナラ、水無ルコト。今⑤夫、摶チテ而躍ラセバ、可使ゴサ、激シテ而行レバ、可使⑥是水之性ナラン。其勢則也。人之可キハ使不善、其⑦猶ホ/キクノ。」

 

 

問題1.②則、⑤夫、の漢字の読みを答えよ。

 

すなわ(ち)・すなは(ち)

そ(れ)

 

 

問題2.⑤夫、のここでの意味を答えよ。

 

そもそも

 

 

問題3.「③猶水之無分於東西也」の訓点を、書き下し文を参考にして書きなさい。また、現代語訳も答えよ。

書き下し文:猶ほ水の東西を分かつこと無きがごときなり

 

※猶=再読文字、「猶ほ~ごとし」、「ちょうど~のようだ」

ホ/キ水之無一レキガカツコト於東西

 

⑤現代語訳:ちょうど水が東西に流れる(方向の)区別をすることがないのと同じである

 

 

問題4.「①性ホ/キ湍水也」、「④人無ルコトナラ、水無ルコト」、「⑥是水之性ナラン哉」、の現代語訳を答えよ。

 

(人間の)本性はちょうど渦を巻いている水のようなものである

※猶=再読文字、「猶ほ~ごとし」、「ちょうど~のようだ」

人は(本性が)善でないことはなく、水は低い方に向かって流れないことはない。

 

これがどうして水の本性であろうか。(いや、本性ではない。)

※「豈 ~ (セ)ンや(哉・乎・邪)」=反語、「豈に ~ (せ)んや」、「どうして ~ だろうか。(いや、~ない。)」

 

 

問題5.「⑥是水之性ナラン哉」における「是」の指している内容を答えよ。

 

答え:手でたたいて飛ばせば、額の高さを超えさせることができ、せき止めて逆流させれば、山の上に流れさせることもできること。

※使=使役「使ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

 

 

問題6.人の本性についての考察として、告子と孟子の考えに最も近いものを次の記号の中から答えよ。

ア.人の本性は善である。

イ.人の本性は不善である。

ウ.人の本性には善と不善の区別はない。

 

告子:ウ.人の本性には善と不善の区別はない。

孟子:ア.人の本性は善である。

 

 

問題7.「⑦猶ホ/キクノ也」とは、人が不善を行ってしまう理由を孟子が述べたものであるが、その理由を説明せよ。

 

答え:外から加わった人為的な力が働くから。

※孟子は人の本性は善であり、外から加わった人為的な力によって、不善を行ってしまう時もあると考えている。

 

 

 『性善/性は猶ほ湍水のごときなり』原文・書き下し文・現代語訳

 

 

 

 - 未分類