フロンティア古典教室

枕草子『うつくしきもの』解説・品詞分解

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

原文・現代語訳のみはこちら枕草子『うつくしきもの』現代語訳

 

うつくしきもの。瓜にかきたる(ちご)の顔。すずめの子の、ねず鳴きするに踊り来る

 

うつくしき=シク活用の形容詞「美し」の連体形、かわいらしい、いとおしい。美しい、きれい。

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

する=サ変動詞「す」の連体形、する。

 

来る(くる)=カ変動詞「来(く)」の連体形

 

かわいらしいもの。瓜に描いた幼い子供の顔。すずめの子が、ねずみの鳴きまねをすると飛び跳ねて寄って来る様子。

 

 

二つ三つばかり なる児の、急ぎてはひ来る道に、いと小さき(ちり)あり けるを目ざとに見つけて、

 

ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。(限定)~だけ。

 

なる=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形

 

あり=ラ変動詞「あり」の連用形

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

 

2、3歳ぐらいの子どもが、急いで()って来る途中で、とても小さい塵があったのを目ざとく見つけて、

 

 

いとをかしげなる指にとらへて、大人などに見せ たる、いとうつくし

 

をかしげなる=ナリ活用の形容動詞「をかしげなり」の連体形。趣深い、趣がある、風情がある。素晴らしい。美しい。こっけいだ、おかしい。カ行四段動詞「招く(をく)」が形容詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

 

見せ=サ行下二段動詞「見す」の連用形、見せる。

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

うつくし=シク活用の形容詞「美し」の終止形、かわいらしい、いとおしい。美しい、きれい。

 

とてもかわいらしい指でつかまえて、大人などに見せている様子は、たいそうかわいらしい。

 

 

頭は尼そぎなる児の、目に髪の覆へをかきやらうちかたぶきてものなど たるも、うつくし。

 

なる=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形

 

る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

は=強調の係助詞。強調なので訳す際には無視しても構わない。

 

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

 

うちかたぶき=カ行四段動詞「うち傾く」の連用形、ちょっと首を傾ける、小首をかしげる。「うち」は接頭語で、「少し・ちょっと」などの意味がある。

 

見=マ行上一段活用「見る」の未然形。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」と覚える。

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

頭の髪はおかっぱにしている子供が、目に髪がかぶさっているのを払いのけもしないで、小首をかしげて物など見ているのも、かわいらしい。

 

 

大きにはあら殿(てん)(じょう)(わらわ)の、(しょう)()きたて られありくもうつくし。

 

大きに=ナリ活用の形容動詞「大きなり」の連用形

 

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

 

装束きたて=タ行下二段動詞「装束(しょうぞ)きたつ」の未然形、装束を着せる、立派な着物を着せる。

装束(しょうぞく)=名詞、衣服、服装、恰好

 

られ=受身の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

 

ありく=カ行四段動詞「歩く(ありく)」の連体形、歩き回る、うろつく。動き回る。

 

大きくはない殿上童が、立派な着物を着せられて歩きまわる様子もかわいらしい。

 

 

をかしげなる(ちご)の、あからさまに(いだ)きて遊ばしうつくしむほどに、かいつきて たる、いとらうたし

 

をかしげなる=ナリ活用の形容動詞「をかしげなり」の連体形。趣深い、趣がある、風情がある。素晴らしい。美しい。こっけいだ、おかしい。カ行四段動詞「招く(をく)」が形容詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

 

あからさまに=ナリ活用の形容動詞「離(あか)らさまなり」の連用形、ちょっとの間、かりそめ。急だ、突然だ。

 

うつくしむ=マ行四段動詞「美しむ」の連体形、かわいがる、いとおしむ。大切にする

 

寝(ね)=ナ行下二段動詞「寝(ぬ)」の連用形

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

らうたし=ク活用の形容詞「らうたし」の終止形、かわいい、いとおしい。

 

かわいらしい子供が、少しの間抱いて遊ばせてかわいがっているうちに、しがみついて寝てしまうのも、たいへんかわいらしい。

 

 

(ひいな)調度(はちす)の浮き葉のいと小さきを、池より取り上げたる

 

調度(ちょうど)=名詞、身の回りの道具・家具など

 

より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや、

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

人形遊びの道具。(はす)の浮き葉のとても小さいのを、池から取り上げたもの。

 

 

(あおい)のいと小さき。なにもなにも、小さきものはみなうつくし

 

うつくし=シク活用の形容詞「美し」の終止形、かわいらしい、いとおしい。美しい、きれい。

 

葵のたいへん小さいもの。何もかも、小さいものは全部かわいらしい。

 

 

いみじう白く肥えたる児の二つばかり なるが、(ふた)(あい)の薄物など、

 

いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。(限定)~だけ。

 

なる=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形

 

たいそう色白で太っている子で2歳ぐらいなのが、二藍の薄物などを、

 

 

(きぬ)(なが)にてたすき結ひたるがはひ出でたるも、また、短きが袖がちなる着てありくも、みなうつくし。

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形。もう一つの「たる」も同じ。

 

ありく=カ行四段動詞「歩く(ありく)」の連体形、歩き回る、うろつく。動き回る。

 

丈が長いのを着て、たすきで結んでいる子が這い出てきたのも、また、丈の短い着物で袖が目立つものを着て歩きまわるのも、みなかわいらしい。

 

 

八つ、九つ、十ばかりなどの男児の、声は幼げにて書読みたる、いとうつくし。

 

幼げに=ナリ活用の形容動詞「幼げなり(おさなげなり)」の連用形

 

たる=存続の係助詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

8、9、10歳ぐらい男の子が、幼い声で(漢文の)書物を読んでいる様子も、たいへんかわいらしい。

 

 

(にわとり)のひなの足高に、白うをかしげに、衣短なるさまて、

 

をかしげに=ナリ活用の形容動詞「をかしげなり」の連用形。趣深い、趣がある、風情がある。素晴らしい。美しい。こっけいだ、おかしい。カ行四段動詞「招く(をく)」が形容詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

 

し=サ変動詞「す」の連用形、する。

 

鶏のひなが足長な様子で、白くかわいらしげで、着物が短いような感じで、

 

 

ひよひよとかしがましう鳴きて、人のしりさきに立ちてありくをかし

 

かしがましう=シク活用の形容詞「かしがまし」の連用形が音便化したもの、やかましい、うるさい。

 

しりさき(後前・尻先)=名詞、後と先、後ろと前。

 

ありく=カ行四段動詞「歩く(ありく)」の連体形、歩き回る、うろつく。動き回る。

 

をかし=シク活用の形容詞「をかし」の終止形。趣深い、趣がある、風情がある。素晴らしい。かわいらしい。こっけいだ、おかしい。カ行四段動詞「招く(をく)」が形容詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

 

ぴよぴよとやかましく鳴いて、人の後や前に立って歩きまわるのもかわいらしい。

 

 

また親の、ともに連れて立ちて走るも、みなうつくし。雁の子。瑠璃の壺。

 

うつくし=シク活用の形容詞「美し」の終止形、かわいらしい、いとおしい。美しい、きれい。

 

また親鳥が一緒に連れ立って走るのも、みなかわいらしい。雁の卵。瑠璃の壺。(なども皆かわいらしい。)

 

 

原文・現代語訳のみはこちら枕草子『うつくしきもの』現代語訳

 

 

 

 - 未分類