フロンティア古典教室

徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』現代語訳

      2016/06/22

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』解説・品詞分解

 

(つく)()に、なにがしの(おう)(りょう)使()などいふやうなるもののありけるが、

 

筑紫に、なにがしの押領使とかいうような者がいたが、

 

 

(つち)(おお)()をよろづにいみじき薬とて、朝ごとに二つづつ焼きて食ひけること、年久しくなりぬ。

 

大根を、あらゆることによく効く薬だと思って、毎朝二つずつ焼いて食べることが、長年にわたっていた。

 

 

ある時、(たち)の内に人もなかりける(ひま)をはかりて、(かたき)(おそ)い来たりて囲み攻めけるに、

 

ある時、屋敷の中に人のいなかったすきを見計らって、敵が襲い来て囲んで攻めた時に、

 

 

館の内に(つわもの)二人出で来て、命を惜しまず戦ひて、皆追ひ返してげり。

 

屋敷の内に武士が二人出て来て、命を惜しまず戦って、皆追い返してしまった。

 

 

いと不思議におぼえて、「日ごろここにものし給ふとも見ぬ人々の、

 

たいそう不思議に思って、「普段はここにいらっしゃるとも見えない方々が、

 

 

かく戦ひし(たま)ふは、いかなる人ぞ」と問ひければ、

 

このように戦いなさったのは、どういうお方ですか。」と尋ねたところ、

 

 

(とし)ごろ頼みて、朝な朝な召しつる土大根らに(そうろ)。」

 

「(あなたが)長年頼みに思って、毎朝召し上がっていた大根たちでございます。」

 

 

と言ひて失せにけり。

 

と言って(その二人の武士は)消えてしまった。

 

 

深く信を致しぬれば、かかる徳もありけるにこそ。

 

深く信じきっていたので、このようなご利益もあったのだろう。

 

 

解説・品詞分解はこちら徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』解説・品詞分解

 

問題はこちら徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』問題(単語・用言・助動詞)

 

徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』まとめ

 

 

 

 - 未分類