フロンティア古典教室

徒然草『主ある家には』解説・品詞分解

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

原文・現代語訳のみはこちら徒然草『主ある家には』現代語訳

 

主ある家には、すずろなる人、心のままに入り来る事なし。

 

来る(くる)=カ変動詞「来(く)」の連体形

 

すずろなる=ナリ活用の形容動詞「すずろなり」の連体形、何の関係もないさま。なんとなく、わけもなく。むやみやたらである。意に反して、意に関係なく。

 

主人のいる家には、何の関係もない人が、勝手に入って来ることはない。

 

 

あるじなき所には、道行き人みだりに立ち入り、きつね・ふくろふやうの物も、(ひと)()せか   

 

せか=カ行四段動詞「塞く・堰く(せく)」の未然形、防ぐ。せき止める。

 

れ=受身の助動詞「る」の未然形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

 

ね=打消の助動詞「ず」の已然形、接続は未然形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

主人のいない所には、道行く人がむやみに立ち入ったり、きつねやふくろうのようなものも、人の気配に妨げられないので、

 

 

(ところ)()(がお)に入り棲み、木霊など云ふ、けしからぬ形も現るる なり

 

所得顔=名詞、得意顔

所得(ところう)=ア行下二段動詞、よい地位を得る。得意そうにする、わがもの顔をする。

 

けしからぬ=不思議だ、怪しい。悪い、感心しない。「けしから(シク活用形容詞・未然形)/ぬ(打消の助動詞・連体形)」なので「怪しくない」などの意味となりそうだが違うので注意。

 

現るる=ラ行下二段動詞「現る」の連体形

 

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

得意顔で入って住みつき、木の精霊などという、奇妙な形のものも現れるものである。

 

 

また、鏡には、色・かたちなきに、よろづの影来たりて映る。

 

かたち=名詞、名詞、姿、容貌、外形、顔つき

 

(万)よろづ=名詞、すべてのこと、あらゆること。

 

故(ゆゑ)=名詞、原因、理由。風情、趣。由来、由緒。

 

来たり=ラ行四段動詞「来たる」の連用形

 

また、鏡には、色・形がないために、あらゆるものの影がやって来て映る。

 

 

鏡に色・かたちあら ましか 、映らざら まし

 

あら=ラ変動詞「あり」の未然形

 

ましか=反実仮想の助動詞「まし」の未然形、接続は未然形。事実とは反する仮定(仮想)を表す。「ましかば~まし。」あるいは「せば~まし。(「せ」は過去の助動詞「き」の未然形)」という形で反実仮想として使われる。「もし~ならば、~だろうに。」

 

ば=接続助詞、直前に未然形がくると④仮定条件の意味であるが、ここは反実仮想。直前が已然形だと①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれか。

 

ざら=打消の助動詞「ず」の未然形、接続は未然形

 

もし鏡に色・形があったとしたら、(なにも)映らないだろうに。

 

 

虚空よく物を入る。われらが心に念々の欲しきままに来たり浮かぶも、心といふもののなき  あら 

 

入る=ラ行下二段動詞「入る」の終止形。入れる。

※四段活用と下二段活用の両方になる動詞があり、四段だと「入る」という普通の意味だが、下二段になると「使役」の意味が加わり、「(~を)入れる」という意味になる。

 

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

 

や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

あら=ラ変動詞「あり」の未然形

 

む=推量の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

何もない空間は、物を入れることができる。我々の心に、さまざまな雑念が思うままにやって来て浮かぶのも、心というもの(に実体)がないからであろうか。

 

 

心に主あら ましか 、胸の中に、そこばくの事は入り来たらざら まし

 

あら=ラ変動詞「あり」の未然形

 

ましか=反実仮想の助動詞「まし」の未然形、接続は未然形。事実とは反する仮定(仮想)を表す。「ましかば~まし。」あるいは「せば~まし。(「せ」は過去の助動詞「き」の未然形)」という形で反実仮想として使われる。「もし~ならば、~だろうに。」

 

ば=接続助詞、直前に未然形がくると④仮定条件の意味であるが、ここは反実仮想。

 

ざら=打消の助動詞「ず」の未然形、接続は未然形

 

心に主人がいるならば、胸のうちに、いろいろなこと(=雑念)は入って来ないだろう。

 

 

原文・現代語訳のみはこちら徒然草『主ある家には』現代語訳

 

 

 

 - 未分類