フロンティア古典教室

徒然草『これも仁和寺の法師』問題の解答

   

青字=解答」・「※赤字=注意書き、解説等

問題はこちら徒然草『これも仁和寺の法師』問題

 

これも仁和寺の法師、童の法師にならとする名残とて、おのおの遊ぶ事ありけるに、酔ひて興に入るあまり、傍らなる足鼎を取りて、頭にかづきたれば、詰まるやうにするを、鼻をおし平めて、顔をさし入れて舞ひ出でたるに、満座興に入る事かぎりなし。

 

しばし奏でて後、抜かとするに、おほかた抜かれず。酒宴ことさめて、いかがはせんと惑ひけり。とかくすれば、首のまはりかけて血たり、ただ腫れに腫れみちて、息もつまりければ、打ち割らむとすれど、たやすく割れず。響きて堪へがたかりければ、かなはで、すべきやうもなくて、三足なる角の上に、帷子をうちかけて、手をひき杖をつかせて、京なる医師のがり、率て行きける道すがら、人のあやしみ見る事かぎりなし。

 

医師のもとにさし入りて、向かひゐたりけむありさま、さこそ異様なりけめ。ものを言ふもくぐもり声に響きて聞えず。「かかることは文にも見えず、伝へたる教へもなし。」と言へば、また仁和寺へ帰りて、親しき者、老いたる母など、枕上に寄りゐて泣き悲しめども、聞くらむともおぼえず。

 

かかるほどに、ある者の言ふやう、「たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらむ。ただ力を立てて引きたまへ。」とて、藁のしべをまはりにさし入れて、かねを隔てて、首もちぎるばかり引きたるに、耳鼻欠けうげながら抜けにけり。からき命まうけて、久しく病みゐたりけり。

 

 

問題1.③かづく、⑧医師のがり、⑨道すがら、のここでの意味を答えよ。(※終止形で表記してある用言については、終止形のものとして意味を考えよ。)

 

かぶる

かづき=カ行四段動詞「被く(かづく)」の連用形、かぶる。もらう、(褒美などを)いただく。

医者のところへ・医者のもとへ

~(の)がり=~のもとへ、 ~のところへ

道の途中・道中

すがら=~の間中、ずっと。~の途中。ただ~だけ。

 

 

問題2.①む、②なる、④む、⑩けむ、⑫らむ、の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。(注:意味だけ書かれているものは全て助動詞である)

ア.推量  イ.意志  ウ.勧誘  エ.婉曲  オ.打消  カ.推定  キ.断定  ク.存在  ケ.伝聞  コ.現在推量  サ.過去推量

 

イ.意志

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

ク.存在

なる=存在の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形。「なり」は直前が体言(名詞)である時、断定の意味になることが多いが、その体言が場所を表すものであれば今回のように「存在」の意味になることがある。訳:「~にある」

イ.意志

サ.過去推量

けむ=過去推量の助動詞「けむ」の連体形、接続は連用形

コ.現在推量

らむ=現在推量の助動詞「らむ」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。基本的に「らむ」は文末に来ると「現在推量・現在の原因推量」、文中に来ると「現在の伝聞・現在の婉曲」

 

 

問題3.⑬の下線部における「生きざらむ」を例にならって品詞分解し、説明せよ。

 

例:「聞 き/し/歌。」

聞き=動詞・四段・連用形

し=助動詞・過去・連体形

歌=体言

 

品詞分解:「生 き/ざ ら/む

生き=動詞・上二段・未然形

ざら=助動詞・打消・未然形

む=助動詞・推量・連体形

ざら=打消の助動詞「ず」の未然形、接続は未然形

む=推量の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。係助詞「か」を受けて連体形となっている。係り結び。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

 

 

問題4.「「⑬たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなど生きざらむ。ただ力を立てて引きたまへ。」におけるⓐとⓑの係助詞の用法として適切なものを次のア~ウの中から選びなさい。

ア.係り結び  イ.係り結びの消滅(流れ)  ウ.係り結びの省略

 

イ.係り結びの消滅(流れ)

こそ=強調の係助詞。結びは已然形となるが、係り結びの消滅が起こっている。本来の結びは「切れ失す」の部分であるが、接続助詞「とも」が来ているため、結びの部分が消滅してしまっている。これを「係り結びの消滅(流れ)」と言う。

とも=接続助詞、(逆接の仮定条件)たとえ ~ても

ア.係り結び

などか=副詞、疑問・反語、どうして~か。「などか」の「か」は係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

 

問題5.「⑤おほかた抜かれず」、「⑥いかがはせんと惑ひけり」、「⑦響きて堪へがたかりければ、かなはで、すべきやうもなくて」、「⑪さこそ異様なりけめ」、「⑬たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらむ。ただ力を立てて引きたまへ」、「⑭からき命まうけて」、の現代語訳を答えよ。

 

まったく抜けない

おほかた抜かれず

おほかた=副詞、だいたい。下に打消の表現を伴って「まったく ~ない、いっこうに ~ない」

 

れ=可能の助動詞「る」の未然形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。平安以前では下に打消が来て「可能」の意味で用いられることが多い。平安以前では「可能」の意味の時は下に「打消」が来るということだが、下に「打消」が来ているからといって「可能」だとは限らない。鎌倉以降は「る・らる」単体でも可能の意味で用いられるようになった。

 

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

どうしようかと途方にくれた

いかがはせんと惑ひけり

いかがはせむ=どうしようか

いかが=副詞、どんなに…か。「いかが」には係助詞「か」が含まれており、係り結びがおこっている。

は=強調の係助詞

せ=サ変動詞「す」の未然形、する

む=意志の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。係助詞「か」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

 

(足鼎をたたく音が)響いて我慢ができなかったので、割ることもできず、どうしようもなくて、

響きて堪へがたかりければ、かなはで、すべきやうもなくて

堪へがたかり=ク活用の形容詞「堪へ難し」の連用形、我慢できない、耐えられない。つらい、苦しい。

堪ふ・耐ふ・勝ふ(たふ)=ハ行下二段動詞、我慢する、こらえる。能力がある、すぐれている。

 

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

かなは=ハ行四段動詞「叶ふ・適ふ(かなふ)」の未然形。思い通りになる。ここでは、無事に足鼎が割れることを意味している。

 

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

 

す=サ変動詞「す」の終止形、する

 

べき=可能の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある

 

さぞかし異様なものであっただろう

さこそ異様なりけめ

さ=副詞、そう、その通りに、そのように。

 

こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。係り結び。

 

異様なり=ナリ活用の形容動詞「異様なり(ことさまなり)」の連用形、様子が普通と異なっている、風変わりだ、異様だ。出家した姿である。

 

けめ=過去推量の助動詞「けむ」の已然形、接続は連用形。係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。係り結び。

 

たとえ耳や鼻が切れてなくなったとしても、命だけはどうして助からないことがあろうか。(いや、命だけは助かるだろう。)ただ力を入れて引っ張りなさい。

たとひ耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらむ。ただ力を立てて引きたまへ

こそ=強調の係助詞。結びは已然形となるが、係り結びの消滅が起こっている。本来の結びは「切れ失す」の部分であるが、接続助詞「とも」が来ているため、結びの部分が消滅してしまっている。これを「係り結びの消滅(流れ)」と言う。

 

とも=接続助詞、(逆接の仮定条件)たとえ ~ても

 

ばかり=副助詞、(限定)~だけ。(程度)~ほど・ぐらい。

 

などか=副詞、疑問・反語、どうして~か。「などか」の「か」は係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

ざら=打消の助動詞「ず」の未然形、接続は未然形

 

む=推量の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。係助詞「か」を受けて連体形となっている。係り結び。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

たまへ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の命令形、尊敬語。

 

危ない命を拾って

からき命まうけて

からき=ク活用の形容詞「辛し(からし)」の連体形、あやうい、危ない。つらい、苦しい。ひどい。

 

まうけ=カ行下二動詞「設く・儲く(まうく)」の連用形、得をする、思いがけない利益を得る。準備をする、用意をする

 

 

徒然草『これも仁和寺の法師』解説・品詞分解(1)

 

徒然草『これも仁和寺の法師』まとめ

 

 

 

 - 未分類