フロンティア古典教室

宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』問題(用言・単語など)

      2016/06/08

 解答はこちら宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』問題の解答(用言・単語など)

 

これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。それが若かりけるとき、清水の橋のもとにて、京童部どもといさかひけり。

 

京童部手ごとに刀を抜きて、忠明を立ち込めて、殺さむとしければ、忠明も太刀を抜きて、御堂ざまに上るに、御堂の東のつまにも、あまた立ち向かひ合ひたれば、内へ逃げて、のもとをわきに挟みて、前の谷へ踊り落つ

 

蔀、風にしぶかれて、谷の底に鳥のゐるやうに、やをら落ちにければ、それより逃げて往にけり。京童部ども谷を見下ろして、あさましがり、立ち並みけれども、すべきやうもなくてやみにけりとなむ。

 

 

問題1.②検非違使、⑤童部、⑨太刀、⑭蔀、の漢字の読みを答えよ。

 

 

 

問題2.⑥いさかひ、⑩つま、⑪あまた、⑱やをら、⑳あさましがる、㉓すべきやうもなくて、のここでの意味を答えよ。㉓については現代語訳を答えよ。(※左記の用言は終止形で表記してある。終止形のものとして意味を考えよ。)

 

 

 

問題3.①いふ、③あり、④若かり、⑦し、⑧立ち込め、⑫立ち、⑬向かひ合ひ、⑮落つ、⑯しぶか、⑰ゐる、⑲往に、⑳あさましがり、㉑並み、㉒見、㉔やみ、の活用の種類と活用形をそれぞれ答えよ。(解答例:㊿ハ行四段活用・連用形)

 

 

 

解答はこちら宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』問題の解答(用言・単語など)

 

宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』まとめ

 

 

 

 - 未分類