フロンティア古典教室

枕草子『野分のまたの日こそ』解説・品詞分解

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

原文・現代語訳のみはこちら枕草子『野分のまたの日こそ』現代語訳

 

野分(のわき)のまたの日こそいみじう あはれに をかしけれ

 

野分=名詞、秋に吹く激しい風、台風

 

こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。係り結び。

 

いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても

 

あはれに=形容動詞「あはれなり」の連用形。「あはれ」はもともと感動したときに口に出す感動詞であり、心が動かされるという意味を持つ。しみじみと思う、しみじみとした情趣がある。

 

をかしけれ=シク活用の形容詞「をかし」の已然形。係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。係り結び。趣深い、趣がある、風情がある。素晴らしい。かわいらしい。こっけいだ、おかしい。カ行四段動詞「招く(をく)」が形容詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

 

台風の翌日はたいそうしみじみと趣深い。

 

 

(たて)(じとみ)(すい)(がい)などの乱れたるに、前栽(せんざい)どもいと心苦しげなり

 

立蔀(たてじとみ)=名詞、板戸

透垣(すいがい)=名詞、間を透かして作った板や竹の垣根

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

前栽(せんざい)=名詞、庭で木などを植えてある所、庭の植え込み

 

心苦しげなり=ナリ活用の形容動詞「心苦しげなり」の終止形、気の毒そうだ、痛々しい、つらそうだ

 

立蔀や透垣などが乱れている上に、庭の植え込みもとても痛々しい様子だ。

 

 

大きなる木どもも倒れ、枝など吹き折ら たるが、(はぎ)女郎花(おみなえし)などの上によころばひ伏せる、いと思はずなり

 

れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

思はずなり=ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の終止形、意外である、思いがけない

 

大きな木々も倒れ、枝などの吹き折られたのが、萩や女郎花などの上に横たわり伏しているは、たいそう思いがけない。

 

 

(こう)()(つぼ)などに、木の葉をことさらに  たら  やうに

 

ことさらに=ナリ活用の形容動詞「殊更なり」の連用形、事を改めてするさま、わざわざ

 

し=サ変動詞「す」の連用形、する

 

たら=完了の助動詞「たり」の未然形、接続は連用形

 

む=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。婉曲とは遠回しな表現。「~のような」と言った感じで訳したり、特に訳に反映させなかったりする。

 

やうに=比況の助動詞「やうなり」の連用形

 

格子のます目などに、木の葉をわざわざしたように、

 

 

こまごまと吹き入れたる こそ荒かり つる風のしわざとは覚え 

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。係り結び。

 

荒かり=ク活用の形容詞「荒し」の連用形

 

つる=完了の助動詞「つ」の連体形、接続は連用形

 

おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ・覚ゆ(おぼゆ)」の未然形、自然に思われる、感じる、思われる。「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれている。

 

ね=打消の助動詞「ず」の已然形、接続は未然形。係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。係り結び。

 

細かく吹き入れてあるのは、荒々しかった風の仕業とは思われない。

 

 

いと濃き衣上曇(うわぐも)たるに、()(くち)()(おり)(もの)(うす)(もの)などの()(うちぎ)着て、

 

の=格助詞、用法は同格。「で」に置き換えて訳すと良い。「濃き衣上曇りたるに、」→「濃い色の着物つやが薄れている着物に、」

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

たいそう濃い色の着物でつやが薄れている着物に、黄朽葉の織物、薄物の小袿を着て、

 

 

まことしう 清げなる人の、夜は風の騒ぎに られ ざり けれ 

 

まことしう=シク活用の形容詞「誠し・真し(まことし)」の連用形が音便化したもの、誠実だ、真面目だ。本当だ。

 

清げなる=ナリ活用の形容動詞「清げなり」の連体形、さっぱりとして美しい、きちんとしている

 

寝(ね)=ナ行下二段動詞「寝(ぬ)」の未然形

 

られ=可能の助動詞「らる」の未然形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

 

ざり=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

 

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

誠実そうでさっぱりとして美しい人が、夜は風の騒ぎで寝られなかったので、

 

 

久しう寝起きたる ままに()()より少しゐざり出で たる

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

ままに=~するとすぐに。~にまかせて、思うままに。(原因・理由)…なので。「まま(名詞/に(格助詞))

 

より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや

 

ゐざり出で=ダ行下二段動詞「居ざり出づ」の連用形、膝をついたままにじり出る。

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

長く朝寝して起きてすぐに、母屋から少し膝をついたままにじり出ている状態で、

 

 

髪は風に吹き迷はさて、少しうちふくだみたるが、肩にかかれほど、まことにめでたし

 

れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

めでたし=ク活用の形容詞「めでたし」の終止形、みごとだ、すばらしい。魅力的だ、心惹かれる

 

髪は風に吹き乱されて、少しふくらんでいるのが、肩に掛かっている様子は、ほんとうにすばらしい。

 

 

ものあはれなる 気色に見いだして、「むべ山風を」など言ひたるも、

 

ものあはれなる=ナリ活用の形容動詞「ものあはれなり」の連体形。なんとなくしみじみと感じる。「もの」は接頭語であり「なんとなく」といった漠然とした様子を表す意味を持つ。

あはれなり=ナリ活用の形容動詞。「あはれ」はもともと感動したときに口に出す感動詞であり、心が動かされるという意味を持つ。しみじみと思う、しみじみとした情趣がある

 

気色(けしき)=名詞、様子、状態。ありさま、態度、そぶり

 

むべ=副詞、なるほど、どうりで、もっとも

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形

 

なんとなくしみじみとした様子で外を見て、「むべ山風を(=なるほど山風を嵐というのだろう。)」などと言っているのも、

 

 

 あら 見ゆるに、十七八ばかりあら

 

「心(名詞)/あら(ラ変動詞の未然形)」

心あり=趣や風情がある。思いやりがある。物の道理が分かる。情趣を解する。思うところがある。

 

む=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

見ゆる=ヤ行下二動詞「見ゆ」の連体形、見える、分かる。「ゆ」には「受身・自発・可能」の意味が含まれていたり、「見ゆ」には多くの意味がある。

 

や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

む=推量の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

情趣を理解するのであろうと思われるが、十七、八歳ぐらいであろうか、

 

 

小さうはあら わざと大人とは見えが、

 

ね=打消の助動詞「ず」の已然形、接続は未然形

 

ど=逆接の接続助詞、結びは已然形となる。

 

わざと=副詞、わざわざ、格別に、特別に。正式に、本格的に特に、特別に

 

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

 

小さくはないけれど、特に大人とは見えない人が、

 

 

生絹(すずし)(ひとえ)いみじう ほころび絶え、はなもかへり、濡れなどしたる、薄色の宿直物(とのいもの)を着て、

 

いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても

 

ほころび=バ行上二動詞「綻ぶ(ほころぶ)」の連用形、縫い目がとける、ほつれる

 

かへり=ラ行四段動詞「かへる」の連用形、色あせる

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

生絹の単衣(ひとえ)がひどくほころび(縫い目の糸が)切れ、はなだ色も色あせて、ぬれなどしている(その上に)、薄色の夜着を着て、

 

 

髪、色に、こまごまとうるはしう、末も尾花のやうにて、(たけ)ばかりなり けれ 

 

色に=ナリ活用の形容動詞「色なり」の連用形、色つやが美しい。風流だ、色好みだ。

 

うるはしう=シク活用の形容詞「うるはし」の連用形が音便化したもの、整って美しい、端正である。きちんとしている。仲が良い、親しい。

 

やうに=比況の助動詞「やうなり」の連用形

 

なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

 

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

髪は、つややかで美しく、細かくきちんと整い、毛先もすすきようにふっさりしていて、背丈ぐらい(の髪の長さ)だったので、

 

 

(きぬ)(すそ)に隠れて、(はかま)のそばより見ゆるに、

 

より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや

 

着物の裾に隠れて、袴の所々から(髪の毛が)見えるが、

 

 

(わらわべ)、若き人々の、根ごめに吹き折ら たる、ここかしこに取り集め、起こし立てなどするを、

 

れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

(その人が)童女や、若い人たちが、根こそぎ吹き折られたのを、あちこちに取り集めたり、起こし立てたりするのを、

 

 

うらやましげに押し張りて、()()たる(うし)()をかし

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

をかし=シク活用の形容詞「をかし」の終止形。趣深い、趣がある、風情がある。素晴らしい。かわいらしい。こっけいだ、おかしい。カ行四段動詞「招く(をく)」が形容詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

 

うらやましそうに(簾を外に)押し出して、その簾に寄り添って(外を見て)いる後ろ姿も趣深い。

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類