フロンティア古典教室

宇治拾遺物語『歌詠みて罪を許さるること』問題

   

 解答はこちら宇治拾遺物語『歌詠みて罪を許さるること』問題の解答

 

今は昔、大隅守なる人、国の政をしたため行ひたまふ間、郡司のしどけなかりければ、「召しにやりて、いましめむ。」といひて、さきざきのやうにしどけなきことありけるには、罪にまかせて、重く軽くいましむことありければ、一度にあらず、たびたび、しどけなきことあれば、重くいましめとて、召すなりけり

 

「ここに召して、率て参りたり。」と、人の申しければ、さきざきするやうに、し伏せて、尻、頭にのぼりゐたる人、しもとをまうけて、打つべき人まうけて、さきに、人二人引き張りて、出で来たるを見れば、頭は黒髪もまじらず、いと白く、年老いたり。見るに、打ぜこといとほしくおぼえければ、何事につけてか、これをゆるさむと思ふに、事つくべきことなし

 

あやまちどもを、片端より問ふに、ただ老いを高家にて、いらへをる。いかにして、これをゆるさと思って、「おのれはいみじき盗人かな。歌よみてむや。」といへば、「はかばかしからずさぶらへども詠みさぶらひなむ。」と申しければ、「さらばつかまつれ。」と言はて、ほどもなく、わななき声にて、うち出だす。

 

年を経て  かしらの雪は  積もれども  しもと見るにぞ  身は冷えにける

 

と言ひければ、いみじうあはれがりて、感じて許しけり人はいかにも情けはあるべし

 

 

問題1.②したため行ふ、③しどけなし、⑩いとほし、⑰さらば、のここでの意味を答えよ。(※終止形で表記してある用言については、終止形のものとして意味を考えよ。)

 

 

 

問題2.①なる、⑤る、⑥む、⑧たる、⑨む、⑬む、⑱れ、の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。(注:意味だけ書かれているものは全て助動詞である)

ア.受身  イ.尊敬  ウ.自発  エ.可能  オ.過去  カ.完了  キ.断定  ク.存在  ケ.打消  コ.推量  サ.意志  セ.勧誘  ソ.婉曲  タ.動詞の一部

 

 

 

問題3.「⑦召すなりけり」、「⑭よみてむ」、「⑯詠みさぶらひなむ」、を例にならって品詞分解し、説明せよ。

 

例:「聞 き/し/歌。」

聞き=動詞・四段・連用形

し=助動詞・過去・連体形

歌=体言

 

⑦品詞分解:「召 す な り け り」

 

 

 

 

 

⑭品詞分解:「よ み て む」

 

 

 

 

 

⑯品詞分解:「詠 み さ ぶ ら ひ な む」

 

 

 

 

 

 

 

問題4.「④召しにやりて、いましめむ」、「⑪何事につけてか、これをゆるさむと思ふに、事つくべきことなし」、「⑫ただ老いを高家にて、いらへをる」、「⑭歌よみてむや」、「⑮はかばかしからずさぶらへども」、「⑯詠みさぶらひなむ」、「⑲いみじうあはれがりて、感じて許しけり」、「⑳人はいかにも情けはあるべし」、の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題5.「年を経て  かしらの雪は  積もれども  しもと見るにぞ  身は冷えにける」の和歌における掛詞について説明した文章の空欄を埋めよ。また、この和歌の現代語訳を答えよ。

 

【         】が掛詞になっており、【              】と【               】の二つの意味に掛けられている。

 

現代語訳:

 

 

解答はこちら宇治拾遺物語『歌詠みて罪を許さるること』問題の解答

 

宇治拾遺物語『歌詠みて罪を許さるること』まとめ

 

 

 

 - 未分類