フロンティア古典教室

今物語『桜木の精』現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら今物語『桜木の精』解説・品詞分解

 

小式部内侍、大二条殿におぼしめされけるころ、

 

小式部内侍が、大二条殿(藤原教通)に寵愛されていたころ、

 

 

久しく仰せ言なかりける夕暮れに、あながちに恋ひ奉りて、端近くながめゐたるに、

 

(大二条殿から)長らく音沙汰のなかったある夕暮れ時に、(小式部内侍は大二条殿のことを)ひたすら恋しく思い申し上げて、(外が見える部屋の)端近くで物思いにふけっていると、

 

 

御車の音などもなくて、ふと入らせ給ひたりければ、

 

御車の音などもしないのに、突然(大二条殿が)お入りになったので、

 

 

待ち得て夜もすがら語らひ申しける。

 

待ちに待っての訪問で、一晩中お話し申し上げた。

 

 

暁方に、いささかまどろみたる夢に、糸の付きたる針を御直衣の袖に刺すと見て夢覚めぬ。

 

明け方に、(小式部内侍は)少しうとうと眠っていた時の夢の中で、糸の付いている針を(大二条殿の)直衣の袖に刺したと見て、夢から覚めた。

 

 

さて帰らせ給ひにけるあしたに、

 

そして(大二条殿が)お帰りになった朝に、

 

 

御名残を思ひ出でて、例の端近くながめいたるに、

 

名残を思い出して、いつものように端近くで物思いにふけっていると、

 

 

前なる桜の木に糸の下がりたるを、あやしと思ひて見ければ、

 

目の前にある桜の木に糸が下がっているのを、妙だと思って見たところ、

 

 

夢に、御直衣の袖に刺しつる針なりけり。いと不思議なり。

 

夢の中で、(大二条殿の)直衣の袖に刺した針であった。たいそう不思議なことである。

 

 

あながちに物を思ふ折には、木草なれども、かやうなることの侍るにや。

 

ひたすらに物を思う時には、木や草であっても、このようなことがございますのでしょうか。

 

 

その夜御渡りあること、まことにはなかりけり。

 

(大二条殿が)その夜いらっしゃったということは、事実ではなかった。

 

 

 解説・品詞分解はこちら今物語『桜木の精』解説・品詞分解

 

今物語『桜木の精』問題(用言・単語など)

 

今物語『桜木の精』まとめ

 

 

 

 - 未分類