フロンティア古典教室

方丈記『大火とつじ風』(1)(安元の大火)解説・品詞分解

      2016/04/11

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

 原文・現代語訳のみはこちら方丈記『大火とつじ風』(1)(安元の大火)現代語訳

 

(われ)、ものの心を知れ より、四十(よそじ)あまりの(はる)(あき)を送れ間に、世の不思議を見ること、ややたびたびになり

 

り=完了の助動詞「り」の連用形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

 

より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや

 

る=存続の助動詞「り」の連体形、接続は連用形

 

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

 

私が世間の物事の道理が分かるようになった時から、四十年以上の年月を過ごしてきた間に、世の中の不思議な出来事を見ることが、しだいにたび重なるようになった。

 

 

()にし安元三年四月(うづき)二十八日

 

往にし=連体詞、「往に(ナ変動詞・連用形)/し(過去の助動詞・連体形)」

 

か=疑問の係助詞

 

よ=感動の終助詞

 

去る安元三年四月二十八日のことであったか。

 

 

風激しく吹きて、静かなら ざり 夜、(いぬ)の時ばかり、都の東南(たつみ)より出で来て、西北(いぬい)に至る。

 

静かなら=ナリ活用の形容動詞「静かなり」の未然形

 

ざり=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

 

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

 

ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。(限定)~だけ。

 

より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや

 

出で来(いでき)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連用形

 

風が激しく吹いて、静かではなかった夜、午後八時ごろ、都の南東から火事が起こって、北西の方角に燃えて広がって行った。

 

 

果てには朱雀門(すざくもん)(だい)(ごく)殿(でん)、大学寮、民部省などまで移りて、(ひと)()のうちに(ちり)(はい)となり 

 

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

 

き=過去の助動詞「き」の終止形、接続は連用形

 

しまいには朱雀門・大極殿・大学寮・民部省などにまで火が移って、一夜のうちに塵と灰になってしまった。

 

 

火もとは、()(ぐち)(とみ)(こう)()かや

 

か=疑問の係助詞

や=疑問の係助詞

「か・や」の結びは連体形となるが、ここでは省略されている。係り結びの省略。「言ふ(ハ行四段動詞・連体形)」が省略されていると考えられる。

 

火元は、樋口富の小路とかいうことである。

 

 

舞人(まいびと)宿せ 仮屋(かりや)より 出で来 たり けるなん

 

宿せ=サ行四段動詞「宿す」の已然形、泊める、宿泊させる

 

る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや

 

出で来(いでき)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連用形

 

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

 

なん=強調の係助詞、結びは連体形となるが、ここでは省略されている。係り結びの省略。「言ふ(ハ行四段動詞・連体形)」・「言へ(已然形)/る(完了の助動詞・連体形)」などが省略されていると考えられる。

 

舞人を泊めていた仮小屋から出火したということである。

 

 

吹き迷ふ風に、とかく移りゆくほどに、扇を広げたるごとく末広になり

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

ごとく=比況の助動詞「ごとし」の連用形

 

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

 

(方向を定めず)吹きさまよう風のために、あちこちへと火が燃え移っていくうちに、扇を広げたように末広の状態に燃え広がってしまった。

 

 

遠き家は煙にむせび、近きあたりはひたすら炎を地に吹きつけたり

 

たり=存続の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形

 

(火事から)遠い家は煙に息がつまり、近い辺りではただ炎を地に吹きつけていた。

 

 

空には灰を吹きたてたれ 、火の光に映じて、あまねくなる中に、

 

たれ=存続の助動詞「たり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

あまねく=ク活用の形容詞「あまねし」の連用形、すみずみまで広くいきわたっている、残すところがない

 

なる=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形

 

空には灰を吹き上げていたので、(その灰が)火の光に照らし出されて、あたり一面真っ赤になっている中で、

 

 

風に堪へ、吹き切ら たる炎、飛ぶがごとくして、一、二町を越えつつ移りゆく。

 

ず=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

 

れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形

 

たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

ごとく=比況の助動詞「ごとし」の連用形

 

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、ここでは③並行「~しながら」の意味。

 

風をこらえきれず、吹きちぎられた炎が飛ぶようにして、一、二町を飛び越えながら燃え移って行く。

 

 

その中の人、うつし心あら 

 

現し心(うつしごころ)=名詞、生きた心地、正気、しっかりした心。   現(うつつ)=名詞、現実、生きている状態。

 

む=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

や=反語の係助詞

 

その中にいる人は、生きた心地がしただろうか。(いや、しなかっであろう。)

 

 

あるいは煙にむせびて倒れ伏し、あるいは炎にまぐれてたちまちに死ぬ

 

死ぬ=ナ変動詞「死ぬ」の終止形。ナ行変格活用の動詞は「死ぬ・往(い)ぬ・去(い)ぬ」

 

あるものは煙にむせて倒れ伏し、あるものは炎に目がくらんですぐさま死んだ。

 

 

あるいは身一つからうじてのがるるも、資財を取り出づるに及ば

 

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

 

あるものはわが身一つはやっとのことで逃げ出したけれども、家財道具を運び出すことまではできなかった。

 

 

(しつ)(ちん)(まん)(ぽう)さながら灰燼(かいじん)となり 。その(つい)え、いくそばく 

 

さながら=副詞、そのまま、もとのまま。すべて、全部

 

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

 

き=過去の助動詞「き」の終止形、接続は連用尾系

 

いくばく=副詞、どれほど、どれくらい

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となるが、ここでは省略されている。係り結びの省略。「あら(ラ変動詞・未然形)/む(推量の助動詞・連体形)」が省略されていると考えられる。

 

たくさんの珍しい宝物がそっくりそのまま灰になってしまった。その損失は、どれほど多いであろうか。

 

 

そのたび、()(ぎょう)の家十六焼けたり。まして、そのほか数へ知るに及ば

 

公卿(くぎょう)=名詞、上級貴族、上級の朝官

 

たり=完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形

 

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

その火事で、上級貴族の家屋が十六軒焼失した。まして、そのほかの(焼失した家屋の)数は、数え上げて知ることはできない。

 

 

すべて都のうち、三分が一に及べ

 

り=完了の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となるが、ここでは省略されている。係り結びの省略。「言ふ(ハ行四段動詞・連体形)」・「言へ(已然形)/る(完了の助動詞・連体形)」などが省略されていると考えられる。

 

都全体のうち、三分の一に(被害が)及んだということである。

 

 

男女死ぬるもの数十人、馬牛のたぐひ(へん)(さい)を知ら

 

死ぬる=ナ変動詞ナ変動詞「死ぬ」の連体形。ナ行変格活用の動詞は「死ぬ・往(い)ぬ・去(い)ぬ」

 

辺際(へんさい)=名詞、限り、際限

 

ず=打消しの助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

男女で死んだ者は数十人で、馬・牛の類などはどれほどであったか分からない。

 

 

人の営み、みな愚かなる中に、さしも危ふき京中の家を作るとて、

 

愚かなる=ナリ活用の形容動詞「疎かなり/愚かなり(おろかなり)」の連体形、馬鹿だ、間抜けだ。おろそかだ、いいかげんだ。並々だ、普通だ。

 

危ふき=ク活用の形容詞「危うし(あやうし)」の連体形

 

人間の営みは、どれも愚かなことである中で、こんなにも危険な京都の町中に家を建てると言って、

 

 

財を費やし、心を悩ますことは、すぐれてあぢきなく  はべる

 

あぢきなく=ク活用の形容詞「味気無し」の連体形、つまらない、思うようにならない。かいがない、無益だ、どうしようもない。正常でなく乱れている。面白くない、苦々しい

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

はべる=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の連体形、丁寧語。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。読者を敬っている。作者からの敬意。

※「候(さうらふ/さぶらふ)・侍り(はべり)」は補助動詞だと丁寧語「~です、~ます」の意味であるが、本動詞だと、丁寧語「あります、ございます、おります」と謙譲語「お仕え申し上げる、お控え申し上げる」の二つ意味がある。

※補助動詞=用言などの直後に置いて、その用言に少し意味を添えるように補助する動詞。英語で言う助動詞「canwill」みたいなもの。

※本動詞=単体で意味を成す動詞、補助動詞ではないもの。

英語だと、「need」には助動詞と通常の動詞としての用法があるが、「候ふ・侍(はべ)り」も意味は違うがこれみたいなもの

 

資材を費やし、苦労することは、とりわけつまらないことでございます。

  

 

続きはこちら方丈記『大火とつじ風』(2)(治承の辻風)解説・品詞分解

 

方丈記『大火とつじ風』まとめ

 

 

 

 - 未分類