フロンティア古典教室

『乱世の姦雄』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

操少クシテ機警、有権数。任侠放蕩ニシテ()行業

(そう)(わか)くして()(けい)(けん)(かず)()り。(にん)(きょう)(ほう)(とう)にして、(こう)(ぎょう)(おさ)めず。

 

曹操は、若いころから機転がきいて察しがよく、人を巧みに欺くはかりごとが得意であった。男気があって気ままにふるまい、節操と学問を身につけようとはしなかった。

 

 

汝南許劭、()従兄高名。共郷党人物

(じょ)(なん)(きょ)(しょう)従兄(いとこ)(せい)(こう)(めい)()り。(とも)(きょう)(とう)(じん)(ぶつ)(かく)(ろん)す。

 

汝南の許劭は、従兄の靖とともに有名であった。二人で郷里の人物についてよく調べて評論をしていた。

 

 

毎月輒題品。故汝南月旦

(まい)(げつ)(すなわ)()(だい)(ひん)(あらた)む。(ゆえ)(じょ)(なん)(ぞく)(げっ)(たん)(ひょう)()り。

 

毎月初めに、批評を改めていた。そのため、汝南では「月旦評(=毎月初めに行われる人物評)」として知られていた。

 

 

操往キテヒテハク、「我何如ナルゾト。」

(そう)()きて(しょう)()ひて()はく、「(われ)()()なる(ひと)ぞ。」と。

 

(その評判を聞いて、)曹操が(汝南に)行って許劭に尋ねて、「私はどのような人物か。」と言った。

 

 

()。劫カス

(しょう)(こた)へず。(これ)(おびや)かす。

 

許劭は答えなかった。(なので曹操は、)許劭を脅した。

 

 

ハク、「子治世()能臣、乱世()姦雄ナリト。」

(すなわ)()はく、「()()(せい)(のう)(しん)(らん)(せい)(かん)(ゆう)なり。」と。

 

そこで(許劭が答えて)言いうことには、「あなたは治世にあっては有能な家臣で、乱世にあっては悪知恵に富む英雄です。」と。

 

 

操喜ビテ而去。至ツテツヲコル

(そう)(よろこ)びて()る。(ここ)(いた)(ぞく)()つを()つて()こる。

※而=置き字(順接・逆接)

曹操は喜んで立ち去った。こうして(曹操は、)賊を討つことを理由に立ち上がったのである。

 

 

 

 - 未分類