フロンティア古典教室

『呉越同舟』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/07/08

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

呉越同舟=仲の悪い者どうしが同じ場所や境遇に居合わせること。または困難や利害のために協力すること。

 

ヰル、譬ヘバ率然

()(へい)(もち)(もの)は、(たと)へば(そつ)(ぜん)ごとし。

 

うまく軍隊を統率する者は、例えると率然のようなものである。

 

 

率然()、常山()(なり)

率然は、常山の蛇なり。

 

率然とは、常山にいる蛇のことである。

 

 

テバ尾至、撃テバ首至、撃テバ首尾倶

()の首を()てば(すなわ)ち尾至り、其の尾を撃てば則ち首至り、其の中を撃てば則ち首尾(とも)に至る。

 

その首を攻撃すると尾が助けに来て、尾を攻撃すると頭が助けに来る、胴体を攻撃すると頭と尾の両方ともが助けに来ることになる。

 

 

ヘテ、「兵()使()クナラ率然()。」

()えて()う、(へい)(そつ)(ぜん)ごとくならしむべきか。」と。

※使=使役「使ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

あえて問おう、「軍隊を率然のようにさせることができるか。

 

 

ハク、「可ナリ。夫呉人()越人相悪()

()はく、「()なり。()()(ひと)(えつ)(ひと)とは(あい)(にく)むや、

※夫れ=そもそも、いったい

(それに答えて)言うことには、「可能だ。そもそも呉の人と越の人はお互いに憎み合っているが、

 

 

タリテジクシテ而済ルニハバ、其相救()、如シト左右。」

()(ふね)(おな)じくして(わた)るに()たりて(かぜ)()はば()(あい)(すく)うや()(ゆう)()のごとし。」と。

※而=置き字(順接・逆接)

同じ船に乗り合わせて渡る時に大風が吹いてきたならば、そこでお互いに助け合う様子は左右の手のような協力関係であろう。」と。

 

 

 

 - 未分類