フロンティア古典教室

『鼓腹撃壌』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

帝尭陶唐氏、帝嚳(なり)

(てい)(ぎょう)(とう)(とう)()は、(てい)(こく)()なり。

 

帝尭陶唐氏は帝嚳の子である。

 

 

、其

()(じん)(てん)(ごと)く、()()(かみ)(ごと)

 

その仁は天のように広く、その知恵は神であるかのようであった。

 

 

ケバ、望メバ

(これ)()けば()(ごと)く、(これ)(のぞ)めば(くも)(ごと)

 

尭に近づくとその心は太陽のように温かく、遠くから見ると(恵みの雨をもたらす)雲のように偉大であった。

 

 

平陽。茆茨()、土階三等ノミ

(へい)(よう)(みやこ)す。(ばう)()()らず、()(かい)(さん)(とう)のみ。

 

平陽に都を置いた。宮殿のかやぶき屋根の端は切りそろえておらず、宮殿に上る階段は、土で築かれた三段だけであった。

 

 

ムルコト天下五十年、()天下治マル歟、()マラ歟、億兆願クコトヲ歟、()クコトヲ

(てん)()(おさ)むること()(じゅう)(ねん)(てん)()(おさ)まるか、(おさ)まらざるか、(おく)(ちょう)(おのれ)(いただ)くことを(ねが)ふか、(おのれ)(いただ)くことを(ねが)はざるかを()らず。

※「 ~歟[邪・乎・也・哉・耶・与]」=疑問、「 ~か(や)」、「 ~か」

天下を治めて五十年になったが、天下は(平安に)治まっているのか、治まっていないのか、万民が自分を天子としてあがめることを願っているのか、願っていないのか、わからなかった。

 

 

フニ左右()。問フニ外朝()。問フニ在野()

()(ゆう)()ふに、()らず。(がい)(ちょう)()ふに、()らず。(ざい)()()ふに、()らず。

 

側近に尋ねたところ、わからず。外朝に尋ねたが、わからず。(官に仕えない)民間の者に尋ねたが、わからず。

 

 

微服シテ於康衢

(すなわ)()(ふく)して(こう)()(あそ)

 

そこで人目につかない服装にして大通りに出かけた。

 

 

クニ童謡、曰ハク

(どう)(よう)()くに、()はく、

 

童謡を聞くと、歌っていたことには、

 

 

「立ツルハ烝民  莫ザル  ()()  順フト()

(われ)(じょう)(みん)()つるは  (なんじ)(きょく)(あら)ざる()し  ()らず()らず  (てい)(のり)(したが)。」と。

※「無ザル(ハ) ~」=二重否定、「 ~に非ざる(は)無し」、「 ~でないことはない。」。強い肯定を表す。

「私たち民衆の生活を成り立たせているのは  あなた様の徳のおかげに他なりません  知らず知らずのうちに  帝の法に従っています。」と。

 

 

老人、含ウチ、撃チテ而歌ヒテハク

(ろう)(じん)()り、()(ふく)(はら)(つづみ)うち、(つち)()ちて(うた)ひて()く、

 

老人がおり、食べ物をほおばり腹つづみをうち、足で地面を踏み鳴らして拍子をとって歌っていたことには、

 

 

「日出デテ而作  日入リテ而息  鑿チテ而飲  耕シテ而食ラフ

()()でて()  ()()りて(いこ)ふ  ()(うが)ちて()  ()(たがや)して(くら)らふ

 

「日が出れば仕事をし  日が沈めば休息する  井戸を掘って水を飲み  田を耕して実った作物を食べる

 

 

帝力何ラン於我()

(てい)(りょく)(なん)(われ)()らんや。」と。

※「何 ~ (セ)ン哉」=反語、「何ぞ ~んや」、「どうして ~だろうか。(いや、~ない。)」

帝の力がどうして我々に関係あろうか。(いや、ない。)」と。

 

 

 

 - 未分類