フロンティア古典教室

『助長』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

助長=①物事の成長や発展などを助けること。 ②余計なことをして、物事の成長や発展などを妨害すること。

 

宋人ヘテ()一レルヲ而揠

(そう)(ひと)()(なえ)(ちょう)ざるを(うれ)(これ)()(もの)()

※而=置き字(順接・逆接)

荘の国の人で植えた苗が成長しないのを心配して、その苗を抜いた者がいた。

 

 

芒芒然トシテリテ、謂ヒテハク、「今日病レタリ矣。予助ケテゼシムト矣。」

(ぼう)(ぼう)(ぜん)(かえ)()(ひと)()()、「(こん)(にち)(つか)(われ)(なえ)(たす)(ちょう)しむ。」と。

※矣=置き字(断定・強調)

※使役=「~(セ)シム。」→「~させる。」 文脈から判断して使役の意味でとらえることがある。

疲れた様子で家に帰って、その家族に向かって言うことには、「今日は疲れた。私は苗が成長するのを助けてやった。」と。

 

 

子趨リテ而往キテレバ、苗レタリ矣。

()()(はし)()(これ)()(なえ)(すなは)()たり。

 

その息子が走って行って様子を見ると、苗はすっかり枯れていた。

 

 

 

 - 未分類