フロンティア古典教室

『王昭君』原文・書き下し文・現代語訳

   

【西京雑記】

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

元帝後宮既()ニハユルヲ

(げん)(てい)(こう)(きゅう)(すで)(おお)く、(つね)には(まみ)ゆるを()

※「不ニハ (セ)」=部分否定、「常には ~(せ)ず」、「いつも ~するとは限らない」

参考:「常二 (セ)」=全部否定、「常に ~(セ)ず」、「いつも ~しない」

元帝の後宮にすむ宮女達はもう多くいたので、いつもお目にかかるというわけにはいかなかった。

 

 

使()画工ヲシテ一レ、案、召シテ

(すなわ)()(こう)をして(かたち)(えが)かしめ、()(あん)じ、()して(これ)(こう)

※使=使役「使ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

そこで画工に姿を描かせて、その絵を見て考え、(気に入った宮女)をお呼び出しになって寵愛した。

 

 

諸宮人皆賂ヒシ画工、多十万、少ナキ()五万

(しょ)(きゅう)(じん)(みな)()(こう)(まかな)し、(おお)(もの)(じゅう)(まん)(すく)なき(もの)(また)()(まん)(げん)ぜず

 

宮女達は皆画工に賄賂を送って、多いものは十万銭、少ない者でもまた五万銭を下回ることはなかった。

 

 

王嬙ノミ()。遂()ユルヲ

(ひと)(おう)(しょう)のみ(がえん)ぜず。(つい)(まみ)ゆるを()

※「不 ~(スル)ヲ」=不可能、「 ~(する)を得ず」、「(機会がなくて) ~できない」

王嬙(=王昭君)のみは賄賂を送ろうとはしなかった。こうして(元帝に)お目にかかることはできなかった。

 

 

 

匈奴入朝スルヤ、求メテ美人サントス閼氏

(きょう)()(にゅう)(ちょう)するや、()(じん)(もと)めて(えん)()()さんとす。

 

匈奴の使者が朝廷に来て、美女を要求して匈奴の王の妻にしたいと申し出た。

 

 

イテ上案、以ツテ昭君カシム

(ここ)()いて(しょう)()(あん)じ、(しょう)(くん)()つて()しむ。

 

そこで(画工に描かせた)絵を見て考え、(一番美しくなかった)王昭君を行かせることにした。

 

 

ビテルニ召見スルニ、貌()後宮第一

()るに(およ)びて(しょう)(けん)するに、(ぼう)(こう)(きゅう)(だい)(いち)たり

 

(王昭君が)後宮を去る段階になって呼び出して見ると、容貌は宮女一の美女であった。

 

 

対応、挙止閑雅ナリ

()(おう)(たい)し、(きょ)()(かん)()なり

 

応対の仕方もすばらしく、たちふるまいも落ち着いていて優雅であった。

 

 

帝悔ユルモ、而名籍已マル

(みかど)(これ)()ゆるも、(めい)(せき)(すで)(さだ)まる

 

元帝はこのことを悔やんだが、名簿は既に決まっていた。

 

 

帝重ンズ於外国。故()一レ

(てい)(しん)(がい)(こく)(おも)んず。(ゆえ)()(ひと)()へず

※「不タ (セ)」=部分否定、「復た~(せ)ず」、「決して~しない/二度とは~しない」

参考:「復二 (セ)」=全部否定、「復た~(セ)ず」、「今度もまた~しない」

元帝は外国に対する信用を重んじた。なので二度とは人を代えなかった。

 

 

、画工皆棄市セラル

(すなわ)()(こと)(きゅう)(あん)し、()(こう)(みな)()()せらる

 

そこでこの事を徹底的に調べ上げ、画工達は皆死刑になって市中にさらされた。

 

 

 

 - 未分類