フロンティア古典教室

『刎頸の交わり』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

刎頸の交わり=相手のためならば、自分の首が切られても後悔しないほどの親しい交わり。

 

メテ。以ツテ相如ナルヲ、拝シテ上卿。位廉頗之右

(すで)()めて(くに)(かえ)(しょう)(じょ)(こう)(だい)なるを()(はい)して(じょう)(けい)()(くらい)(れん)()(みぎ)()

 

(趙王一行は秦王との会談を)終えて帰国した。相如の功績が大きかったので、任命して上卿とした。(相如の)位は廉頗より上であった。

 

 

廉頗曰ハク、「我為、有攻城野戦()大功

(れん)()()はく、「(われ)(ちょう)(しょう)()り、(こう)(じょう)()(せん)(たい)(こう)()

 

廉頗が言うことには、「私は趙の将軍となって、城攻めや野戦で大きな功績があった。

 

 

ルニ藺相如ツテ口舌シテ、而シテ位居

(しか)るに(りん)(しょう)(じょ)()(こう)(ぜつ)()(ろう)()(しか)して(くらい)()()(かみ)()

※而(しか)るに=逆接、それなのに、しかし。

しかし藺相如はただ弁舌によって手柄を立てただけで、そして位は私より上にいる。

 

 

相如素賤人ナリ。吾羞ヂテ()ルニ。」

()(しょう)(じょ)(もと)(せん)(じん)なり。(われ)()ぢて、(これ)(しも)()るに(しの)びず。」と。

 

さらに相如はもともと身分の低い者である。私は恥ずかしくて、相如の下であることを我慢することはできない。」と。

 

 

宣言シテハク、「我見相如、必メント。」

宣言(せんげん)して()はく、「(われ)(しょう)(じょ)()ば、(かなら)(これ)(はずかし)めん。」と。

 

(さらに廉頗が)言いふらして言うことには、「私は相如を見かけたら、必ず恥をかかせてやる。」と。

 

 

相如聞()ンゼスルコトヲ

(しょう)(じょ)()(とも)(かい)ふことを(がえん)ぜず

 

相如は(これを)聞いて、一緒に会おうとはしなかった。

 

 

相如毎スル、常シテ()()廉頗上レフコトヲ

(しょう)(じょ)(ちょう)する(とき)(ごと)に、(つね)(やまい)(しょう)して(れん)()(れつ)(あらそ)ふことを(ほっ)せず

 

相如は朝廷に出仕する機会のたびに、常に病気ですと称して、廉頗と宮中での席の序列を争おうとはしなかった。

 

 

ニシテ而相如出デテ、望廉頗

(すで)にして(しょう)(じょ)()でて(れん)()(ぼう)(けん)

 

そのうち相如は外出して、廉頗を遠くから見かけた。

 

 

相如引キテ

(しょう)(じょ)(くるま)()きて()(かく)

 

相如は自分の車を引き戻して避け隠れた。

 

 

イテ、舎人相与メテハク

(ここ)()いて(しゃ)(じん)(あい)(とも)(いさ)めて()く、

※於イテ=そこで、こうして

そこで、(相如の)家来たちが一緒に忠告して言うことには、

 

 

「臣リテ親戚而事上レフル、徒ヘバ()高義(なり)

(しん)(しん)(せき)()りて(きみ)(つか)ふる所以(ゆえん)(もの)は、()(きみ)(こう)()(した)ばなり。

※而=置き字(順接・逆接)

「私が親戚を離れてあなた様にお仕えする理由は、ただあなた様の立派な人格をお慕いしてのことです。

 

 

今、君()廉頗ジクシ、廉君宣ブレバ悪言、而君レテ、恐懼スルコトダシ

(いま)(きみ)(れん)()(れつ)(おな)じくし、(れん)(くん)(あく)(げん)()ぶれば、(きみ)(おそ)れて(これ)(かく)れ、(きょう)()すること(こと)(はなは)だし。

 

ところが、あなた様は廉頗将軍と同じ序列となり、廉将軍が悪口を言いふらすと、あなた様は恐れて隠れ、恐縮することがとりわけひどいものです。

 

 

庸人スラ。況ンヤイテヲ将相()

()(よう)(じん)すら()(これ)()(いわ)んや(しょう)(しょう)()いてをや。

※「且スラB。況ンヤ乎」=抑揚→「且(か)つAすらB。況(いは)んやCをや」→「AでさえBだ。ましてCの場合はなおさら(B)だ。」

普通の人でさえもこのようなことは恥ずかしく思います。まして将軍や大臣においてはなおさら(恥ずかしく思うこと)です。

 

 

臣等不肖ナリ。請ラント。」

(しん)()()(しょう)なり。()()()ん。」と。

※「請 ~」=願望、「どうか ~ させてください、どうか ~ してください」

私たちは愚か者です。どうか(あなた様にお仕えするのを)辞めて去らせてください。」と。

 

 

藺相如固メテハク、「公()ルコト廉将軍、孰レゾト秦王。」

(りん)(あい)(じょ)(かた)(これ)(とど)めて()はく、「(こう)(れん)(しょう)(ぐん)()ること、(しん)(おう)()()ぞ。」と。

 

藺相如がきつくこれを引き止めて言うことには、「あなたたちが廉将軍を見た場合、秦王とどちらが上であると思うか。」と。

 

 

ハク、「()(なり)。」

()はく、「()かざるなり。」と。

 

(家来たちが)言うことには、「(廉将軍は秦王には)及びません。」と。

 

 

相如曰ハク、「夫ツテシテモ秦王()、而相如廷シテ、辱群臣

(しょう)(じょ)()く、「()(しん)(おう)()()つてしても、(しょう)(じょ)(これ)(てい)(しっ)して、()(ぐん)(しん)(はずかし)

 

相如が言うことには、「そもそも秦王の権威をもってしても(臆することなく)、私相如は朝廷で叱りつけて、その群臣を辱しめた。

 

 

相如雖ナリト、独レン廉将軍()

(しょう)(じょ)()なりと(いえど)も、(ひと)(れん)(しょう)(ぐん)(おそ)んや。

※「独 ~ (セ)ン哉(乎)」=反語、「独り ~ (せ)んや」、「どうして ~だろうか。(いや、~ない。)」

私相如は愚か者ではあるけれども、どうして廉将軍を恐れることがあろうか。(いや、ない。)

 

 

吾念フニ、彊秦()ヘテ於趙、徒ツテ両人ルヲ(なり)

()(われ)(これ)(おも)ふに、(きょう)(しん)()へて(へい)(ちょう)(くわ)へざる所以(ゆえん)(もの)は、()()(りょう)(にん)()るを()つてなり。

 

ただ私が考えるに、強国秦があえて軍隊を趙に向けない理由は、ただ私たち二人(=廉頗と相如)がいるからなのである。

 

 

 

今、両虎共ハバ、其()ランニハ

(いま)(りょう)()(とも)(たたか)はば、()(いきお)(とも)には()きざらん。

※「不ニハ (セ)」=部分否定、「俱には ~(せ)ず」、「両方ともは ~しない」

参考:「俱二 (セ)」=全部否定、「俱に ~(せ)ず」、「両方とも ~しない」

もし今、二頭の虎ともいえる私たち二人が闘うならば、なりゆきとして二人とも生き残ることはできないだろう。

 

 

一レ、以ツテニシテ国家()、而後ニスルヲ私讎(なり)。」

(われ)(これ)()所以(ゆえん)(もの)は、(こっ)()(きゅう)(さき)にして、()(しゅう)(のち)にするを()つてなり。」と。

 

私がこのようなことをしている理由は、国家の緊急の事を優先して、個人的な恨みを後回しにしているからである。」と。

 

 

廉頗聞、肉袒シテ、因リテ賓客、至藺相如シテハク

(れん)()(これ)()き、(にく)(たん)して(けい)()(ひん)(かく)()りて、(りん)(しょう)(じょ)(もん)(いた)(つみ)(しゃ)して()はく、

 

廉頗はこの話を聞き、片肌を脱いでいばらのムチを背負い(=罪人が刑を受ける格好)、ある賓客に取り次ぎを頼んで、藺相如の家に行き謝罪をして言うことには、

 

 

「鄙賤()人、()リシ将軍ナルコト()一レルヲ。」

()(せん)(ひと)(しょう)(ぐん)(かん)なることの(ここ)(いた)るを()ざりしなり。」と。

 

「心がいやしい人間である私は、(藺相如)将軍の寛大さがこれほどまであるとは知りませんでした。」と。

 

 

相与ビテ刎頸()ハリヲ

(つい)(あい)(とも)(よろこ)びて(ふん)(けい)(まじ)はりを()

 

最終的に互いに親しくなって、刎頸の交わりを結んだのである。

刎頸の交わり=相手のためならば、自分の首が切られても後悔しないほどの親しい交わり。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類