フロンティア古典教室

源氏物語『若紫』(3)問題の解答

   

「青字=解答」「※赤字=注意書き、解説等」

 問題はこちら源氏物語『若紫』(3)問題

 

尼君、「いで、あな幼や言ふかひなうものしたまふかな

 

おのがかく今日明日におぼゆる命をば、何とも思したらで、すずめ慕ひたまふほどよ。

 

罪得ることぞと、常に聞こゆるを、心憂く。」とて、「こちや」と言へば、ついゐたり。

 

面つきいとらうたげにて、眉のわたりうちけぶり、いはけなくかいやりたる額つき、髪(かん)ざし、いみじううつくし。

 

ねびゆかさまゆかしき人かなと、目とまりたまふ

 

さるは、限りなう心を尽くしきこゆる人に、いとよう似たてまつれるが、まもらるるなりけりと思ふにも、涙ぞ落つる

 

 

問題1.④聞こゆ、⑤らうたげなり⑥いはけなし、⑦ねびゆく、⑨ゆかし、⑪さるは、のここでの意味を答えよ。

 

申し上げる

聞こゆる=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の連体形、「言ふ」の謙譲語。申し上げる、差し上げる。動作の対象である若紫を敬っている。尼君からの敬意。

かわいらしい様子である

らうたげに=ナリ活用の形容動詞「らうたげなり」の連用形、かわいらしい様子である

子供っぽい・あどけない

いはけなく=ク活用の形容詞「幼けなし(いはけなし)」の連用形、子供っぽい、あどけない

成長していく・大人になっていく

ねびゆか=カ行四段動詞「ねびゆく」の未然形、成長していく、大人になっていく

ねぶ=バ行上二段動詞、年を取る、ふける、大人びる

見たい・心が惹かれる

ゆかしき=シク活用の形容詞「ゆかし」の連体形、心がひきつけられる、見たい、聞きたい、知りたい

そうであるのは・それというのは・というのは

さるは=接続詞、そうであるのは、それというのは

 

 

問題2.⑧む、の助動詞の文法的意味として、「ア~ス」の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。

ア.過去  イ.詠嘆  ウ.完了  エ.受身  オ.尊敬  カ.自発  キ.可能  ク.推量  ケ.意志  コ.婉曲  サ.推定  シ.伝聞  ス.存続

 

コ.婉曲

む=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があり、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。直後にあるのが体言であれば婉曲になりがち。訳:「成長していく(ような)様子」

 

 

問題3.「③たまふ」、「④聞こゆる」、「⑩たまふ」、「⑫たてまつれ」の敬語の種類(尊敬・謙譲・丁寧のどれか)と誰から誰に対する敬意かを例にならって答えなさい。

【解答例;㊿参る:謙譲語・ア→オ】(謙譲語であり、清少納言に対する敬意が払われているということ)

ア.光源氏  イ.尼君  ウ.藤壺  エ.若紫  オ.惟光朝臣  カ.作者

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

 

尊敬語・イ→エ

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語。動作の主体である若紫を敬っている。尼君からの敬意。

謙譲語・イ→エ

聞こゆる=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の連体形、「言ふ」の謙譲語。申し上げる、差し上げる。動作の対象である若紫を敬っている。尼君からの敬意。

尊敬語・カ→ア

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の終止系、尊敬語。動作の主体である光源氏を敬っている。作者からの敬意

謙譲語・カ→ウ

奉れ=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の已然形、謙譲語。動作の対象(似られている人)である藤壺を敬っている。作者からの敬意。

 

 

問題4.「①あな幼や」、「②言ふかひなうものしたまふかな」、の現代語訳を答えよ。

 

なんとまあ幼いことよ・ああ幼いことだわ。

※あな+形容詞の語幹=感動文「ああ、~」

や=感動・感嘆の間投助詞

 

聞き分けもなくていらっしゃるなぁ

言ふかひなう=ク活用の形容詞「言ふかひなし」の連用形が音便化したもの、(幼く)わきまえがない、聞き分けがない。言っても仕方がない、言っても何にもならない。

 

ものし=サ変動詞「ものす」の連用形、ある、いる、行く、来る、生まれる、などいろいろな意味がある。

 

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語。動作の主体である若紫を敬っている。尼君からの敬意

かな=詠嘆の終助詞

 

 

問題5.「⑬まもらるるなりけり」を例にならって品詞分解し、説明せよ。また、現代語訳せよ。

 

例:「い は/れ/ず。」

いは=動詞・四段・未然形

れ=助動詞・受身・未然形

ず=助動詞・打消・終止形

 

品詞分解:「ま も ら/る る/な り/け り

 

まもら=動詞・四段・未然形

るる=助動詞・自発・連体形 

なり=助動詞・断定・連用形

けり=助動詞・詠嘆・終止形

まもら=ラ行四段動詞「守る(まもる)」の未然形、目を離さずに見る、じっと見つめる

 

るる=自発の助動詞「る」の連体形、接続は未然形。「る・らる」は「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があり、「自発」の意味になるときはたいてい直前に「心情動詞(思う、笑う、嘆くなど)・知覚動詞(見る・知るなど)」があるので、それが識別のポイントである。自発:「~せずにはいられない、自然と~される」

 

なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

 

けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。「けり」は過去の意味で使われることがほとんどだが、①和歌での「けり」②会話文での「けり」③なりけりの「けり」では詠嘆に警戒する必要がある。①はほぼ必ず詠嘆だが、②③は文脈判断

 

現代語訳:自然と見つめてしまうだなぁ

 

 

問題6.「⑭涙ぞ落つる」の理由を答えよ。

 

理由:最愛の人であり、かつ、かなわぬ恋の相手である藤壺の女御を、出会ったばかりの少女に無意識に重ね合わせてしまったから。

 

 

 

 源氏物語『若紫/北山の垣間見』解説・品詞分解(3)

 

 源氏物語『若紫/北山の垣間見』まとめ

 

 

 

 - 未分類