フロンティア古典教室

大鏡『三舟の才』現代語訳

   

「黒=原文」・「青=現代語訳

解説・品詞分解はこちら大鏡『三舟の才』解説・品詞分解

 

一年、入道殿の(おお)()(がわ)(しょう)(よう)せさせ給ひしに、

 

ある年、入道殿(=藤原道長(ふじわらのみちなが)が大堰川で舟遊びをなさった時に、

 

 

作文の舟・管弦の舟・和歌の舟と分かたせ給ひて、

 

漢詩文の舟、音楽の舟、和歌の舟とお分けになって、

 

 

その道にたへたる人々を乗せさせ給ひしに、この大納言の参り給へるを、

 

その道に優れた人々を(それぞれ)お乗せになりましたところ、この大納言殿(=藤原公任(ふじわらのきんとう)が参上なさったので、

 

 

入道殿、「かの大納言、いづれの舟にか乗らるべき。」とのたまはすれば、

 

入道殿は、「あの大納言は、どの舟にお乗りになるのだろう。」とおっしゃると、

 

 

「和歌の舟に乗り侍らむ。」とのたまひて、詠み給へるぞかし、

 

(大納言は)「和歌の舟に乗りましょう。」とおっしゃって、お詠みになったのだよ、

 

 

小倉山  嵐の風の  寒ければ  紅葉の錦  着ぬ人ぞなき

 

小倉山や嵐山から吹いてくる山嵐が寒いので、飛んできた紅葉が着物にかかり、錦の衣を着ていない人はいないことだよ。

 

 

申し受け給へるかひありてあそばしたりな。

 

自身でお願い申し上げて(和歌の舟に乗ることを)お受けになったかいがあって(優れた和歌を)お詠みになったことよ。

 

 

御自らものたまふなるは、「作文のにぞ乗るべかりける。

 

ご自身からもおっしゃったということには、「漢詩文の舟に乗ればよかったなあ。

 

 

さてかばかりの詩を作りたらましかば、名の上がらむこともまさりなまし。

 

そうしてこれぐらいの(優れた)漢詩を作ったならば、名声ももっと上がったろうに。

 

 

口惜しかりけるわざかな。

 

残念なことだよ。

 

 

さても、殿の、『いづれにかと思ふ』とのたまはせしになむ、

 

それにしても、入道殿が、『どの舟に(乗ろう)と思うのか。』とおっしゃったのには、

 

 

我ながら心おごりせられし。」とのたまふなる。

 

我ながら得意になられずにはいられなかったよ。」とおっしゃったということだ。

 

 

一事の優るるだにあるに、かくいづれの道も抜け出で給ひけむは、いにしへも侍らぬことなり。

 

一つのことに優れることでさえ難しいことであるのに、このようにどの道にも優れていらっしゃったとかいうことは、昔にもございませんことです。

 

 

 解説・品詞分解はこちら大鏡『三舟の才』解説・品詞分解

 

 

 

 - 未分類