フロンティア古典教室

荘子『混沌』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/02/08

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

南海()、北海()、中央()渾沌

南海(なんかい)(てい)(しゅく)()し、北海(ほっかい)(てい)(こつ)()し、中央(ちゅうおう)(てい)渾沌(こんとん)()す。

 

南海の帝王を儵といい、北海の帝王を忽といい、中央の帝王を渾沌という。

※儵と忽=どちらも「短い時間」を意味する言葉であり、人為的であることを意味している。ここではそれを擬人化している。

※渾沌=物事の区別がなく、人の手が加えられていない未分化な状態で、無為自然のことを意味している。それを擬人化したもの。

 

 

()忽、時相与於渾沌()

(しゅく)(こつ)と、(とき)(あい)(とも)渾沌(こんとん)()()ふ。

 

儵と忽とが、ある時一緒に渾沌の(治めている)地で偶然出会った。

 

 

渾沌待スルコト

(こん)(とん)(これ)(たい)すること(はなは)()し。

 

渾沌は儵と忽を大変よくもてなした。

 

 

()忽諜リテインコトヲ渾沌()ハク

(しゅく)(こつ)(こん)(とん)(とく)(むく)いんことを(はか)りて()はく、

 

儵と忽とは、渾沌の恩に対してお礼をしようと相談して言うことには、

 

 

「人皆有リテ七竅、以ツテ視聴食息

(ひと)(みな)(しち)(きょう)()りて、()つて()(ちょう)()(そく)す。

 

「人には皆七つの穴(=目・耳・口・鼻)があって、それを使って見たり聞いたり食べたり呼吸したりしている。

 

 

ルコト。嘗試ミニタント。」

()(ひと)()ること()し。嘗試(こころ)みに(これ)(うが)たん。」と。

 

(ところが)この渾沌だけには(七つの穴が)ない。試しにこの穴を開けてあげよう。」と。

 

 

一竅、七日ニシテ而渾沌死

()(いち)(きょう)(うが)ち、七日(なのか)にして渾沌(こんとん)()す。

 

一日に一つの穴を開け、七日目に(七つの穴を開け終えると)渾沌は死んでしまった。

※自然を本質とする渾沌に人為を加えてしまったため、渾沌が本質を保てなくなった。ゆえに死んでしまった。

 

 

『荘子』まとめ

 

目次:中国の思想家(漢文)

 

 

 

 - 未分類