フロンティア古典教室

孟子『五十歩百歩』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/09/22

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)=少しの違いはあっても、本質的には同じであるということ。

 

 

惠王曰ハク、「寡人之於ケル也、尽クス焉耳矣(のみ)

(りょう)(けい)(おう)()はく、「()(じん)(くに)()けるや、(こころ)()くすのみ。

※寡人=自分のことを謙遜して言う一人称。  ※「~ 焉耳矣」=限定「~ のみ」「~ だけだ」

梁の恵王が言うことには、「私は国(を治めること)においては、(民のために)心を尽くすばかりである。

 

 

河内凶ナレバ、則於河東、移於河内

河内(かだい)(きょう)なれば、(すなわ)()(たみ)()(とう)(うつ)し、その(ぞく)()(だい)(うつ)す。

※於=置き字(場所)。

河内が凶作ならば、そこの民を河東に移住させ、河東の穀物を河内に運ぶ。

 

 

河東凶ナルモ、亦然

()(とう)(きょう)なるも(また)(しか)り。

 

河東が凶作である場合も、またそうである。(=移住させたり穀物を運んだりする)

 

 

スルニ隣国之政、無(ごと)寡人()一レヰルガ

隣国(りんごく)(まつりごと)(さつ)するに、()(じん)(こころ)(もち)るがごとき(もの)()し。

 

(これに比べて)隣国の政治を観察すると、(民に対して)私のように心を尽くしている者はいない。

 

 

隣国()()ナキヲ、寡人()()ルハキヲ、何()。」

隣国(りんごく)(たみ)(すく)なきを(くわ)えず、()(じん)(たみ)(おお)きを(くわ)えざるは、(なん)ぞや。」と。

 

(なのに)隣国の民が減ることもなく、私の(国の)民が増えないのは、どうしてか。」と。

 

孟子対ヘテハク、「王好ヒヲ。請ツテヒヲヘン

孟子(もうし)(こた)へて()はく、「王戦ひを好む。()ふ戦ひを()つて(たと)へん。

※「請 ~」=願望、「どうか ~ させてください、どうか ~ してください」

孟子はお答えして言った。「王様は戦争がお好きです。どうか戦争でたとえさせてください。

 

 

填然トシテ、兵刃既

(てん)(ぜん)として、(これ)()し、兵刃(へいじん)(すで)(せっ)す。

 

(戦場で)ドンドンと太鼓が鳴り、武器がぶつかり合うようになりました。

 

 

キテ而走

(かふ)()て兵を()きて走

 

(その戦いの最中に、)よろいを脱ぎ捨てて、武器を引きずって逃げた者がいました。

 

 

イハ百歩ニシテ而後マリ、或イハ五十歩ニシテ而後マル

(ある)いは百歩にして(のち)(とど)まり、或いは五十歩にして後に止まる。

 

ある者は百歩逃げて立ち止まり、ある者は五十歩逃げて立ち止まりました。

 

 

ツテ五十歩ハバ百歩、則何如。」

五十歩を()て百歩を笑はば、(すなは)何如(いかん)。」と。

※何如=疑問、「何如(いかん)」、「どうであるか、どのようか」

五十歩逃げた者が百歩逃げた者を臆病だと言って笑ったならば、どうでしょうか。」

 

 

恵王曰ハク、「不可ナリ。直()百歩ナラ(のみ)。是レモ亦走(なり)。」

恵王(けいおう)()はく、「不可なり。直だ百歩ならざるのみ。是れも(また)走るなり。」と。

※「直 ~ 耳」=限定、「直だ ~ のみ」、「ただ ~ だけだ」

恵王は言った。「それはよくない。ただ百歩でないというだけだ。逃げたことには変わりない。」

 

 

ハク、「王如ラバレヲ、則カレト民之多キヲ於隣国ヨリ也。」

()はく、「(おう)()()れを()らば、(すなわ)(たみ)隣国(りんごく)より(おお)きを(のぞ)()かれ。」と。

※「() ~」=仮定、「もし ~ならば」  ※於=置き字(起点)。

(そこで孟子が)言うことには、「王がもしこの道理を理解するならば、(自国の)民が隣国より多くなることを望んではいけません。」と。

※恵王自身の政治と隣国の政治との間に大差はない。五十歩百歩の差でしかないということ。

 

 

 孟子『五十歩百歩』問題

 

『孟子』まとめ 

 

目次:中国の思想家(漢文)

 

 

 

 - 未分類