フロンティア古典教室

論語『長沮・桀溺』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/02/08

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

長沮・桀溺、耦シテ而耕。孔子過、使子路ヲシテ一レ焉。

(ちょう)()桀溺(けつでき)(ぐう)して(たがや)す。(こう)()(これ)()ぎ、()()をして(しん)()わしむ。

※使=使役「使ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

※焉=置き字(断定・強調)

長沮と桀溺が二人並んで耕作していた。孔子がそこに通りかかり、子路に渡し場を尋ねさせた。

 

 

長沮曰ハク、「夫輿スト。」

(ちょう)()()はく、「()輿()()(もの)(たれ)()す。」と。

 

長沮が言うことには、「あの車の手綱を取っている人は誰か。」と。

 

 

子路曰ハク、「為スト孔丘。」

()()()はく、「(こう)(きゅう)()す。」と。

※孔丘=孔子の本名

子路が言うことには、「孔丘です。」と。

 

 

ハク、「是孔丘()。」

()はく、「()()(こう)(きゅう)か。」と。

 

(長沮が)言うことには、「それは魯の国の孔丘か。」と。

 

 

ヘテハク、「是(なり)。」

(こた)へて()はく、「()れなり。」

 

(子路が)答えて言うことには、「そうです。」と。

 

 

ハク、「是レナレバラント矣。」

()はく、「()れなれば(しん)()らん。」と。

 

(長沮が)言うことには、「それならば渡し場くらい知っているだろう。」と。

 

 

於桀溺。桀溺曰ハク、「子スト。」

桀溺(けつでき)()ふ。(けつ)(でき)()はく、「()(たれ)()す。」と。

 

(今度は)桀溺に尋ねた。桀溺が言うことには、「あなたは誰だ。」と。

 

 

ハク、「為スト仲由。」

()はく、「(ちゅう)(ゆう)()す。」と。

 

(子路が)言うことには「仲由です。」と。

 

 

ハク、「是孔丘()()。」

()はく、「()()(こう)(きゅう)()か。」と。

 

(桀溺が)言うことには、「それでは魯の孔丘の弟子か。」と。

 

 

ヘテハク、「然リト。」

(こた)へて()はく、「(しか)り。」と。

 

(子路が)答えて言うことには、「そうです。」と。

 

 

ハク、「滔滔タル者、天下皆是(なり)。而ルヲニカヘン

曰はく、「滔滔(とうとう)たる(もの)(てん)()(みな)()れなり。(しか)るを(たれ)(とも)にか(これ)()へん。

※而(しか)るを=逆接、それなのに、しかし。

(桀溺が)言うことには、「水が盛んに流れゆくように、(その流れを止められないのは、)世の中全てそうである。それなのに誰とともにこの世の中を変えようというのか。(いや、誰とも変えられやしない。)

 

 

()リハハンクル之士也、豈カンフニクル之士。」

()(なんじ)()(ひと)()くるの()(したが)はんよりは、()()()くるの()(したが)ふに()かんや。」と。

※「豈 ~ (セ)ンヤ」=反語、「豈に ~ (せ)んや」、「どうして ~ だろうか。(いや、~ない。)」

その上お前は(立派な人に仕えるために、選んで)人を避ける者に従うより、どうして俗世を避けている人に従うことに及ぼうか。いや及ばない。(=俗世を避けている人に従った方が良い。)」と。

※孔子は魯の国に仕えた功労者だが、自身の思想が理解されないため辞職し、徳治主義の理想をもとめて各地を巡り歩いていた。

 

 

シテ()。子路行キテ

(ゆう)して()めず。()()()きて(もっ)()ぐ。

 

(長沮と桀溺は)まいた種に土をかけて手を休めることはなかった。子路は(孔子のもとに)戻って告げた。

 

 

夫子憮然トシテハク、「鳥獣()()カラ一レジクスレヲ

(ふう)()()(ぜん)として()はく、「鳥獣(ちょうじゅう)(とも)()れを(おな)じくすべからず。

 

先生(=孔子)ががっかりして言うことには、「鳥や獣とともに群れを同じくすることはできない。

 

 

吾非ズシテ()ニスルニ、而誰ニセン

(われ)()(ひと)()(とも)にするに(あら)ずして、(たれ)(とも)にせん。

 

私はこの世の中の人々とともに生きていくのでなければ、誰とともに生きてゆこうか。(いや、ない。)

 

 

天下有ラバ道、丘()(なり)。」

(てん)()(みち)()らば、(きゅう)(とも)()へざるなり。」と。

※丘=孔子自身

天下に正しい道が行われているならば、私は誰かと一緒に世の中を変えようとはしないのだ。(=正しい道が行われていないから、変えようとしているのだ。)」と。

 

 

孔子『論語』まとめ

 

目次:中国の思想家(漢文)

 

 

 

 - 未分類