フロンティア古典教室

論語『吾十有五にして学に志す』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/02/08

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

子曰ハク、「吾十有五ニシテ而志于学

()(いわ)はく、「(われ)(じゅう)(ゆう)()にして(がく)(こころざ)す。

 

先生が言われた、「私は十五歳で学問を修めようと志した。

 

 

三十ニシテ而立。四十ニシテ而不。五十ニシテ而知天命

(さん)(じゅう)にして()つ。(よん)(じゅう)にして(まど)はず。()(じゅう)にして天命(てんめい)()る。

 

三十歳で自分の立場を確立した。四十歳で物事の判断に迷うことがなくなった。五十歳で天から与えられた使命を悟った。

 

 

六十ニシテ而耳順。七十ニシテ而従ヒテ一レスル
。」

(ろく)(じゅう)にして(みみ)(したが)ふ。(しち)(じゅう)にして(こころ)(ほっ)する(ところ)(したが)ひて(のり)()えず 。」と。

 

六十歳で他人の言葉を素直に聞けるようになった。七十歳で自分のしたいと思うことをしても、人として守るべき道を踏み外さなくなった。」と。

 

 

孔子『論語』まとめ

 

目次:中国の思想家(漢文)

 

 

 

 - 未分類