フロンティア古典教室

源氏物語『若紫/北山の垣間見』(1)問題

   

 解答はこちら源氏物語『若紫/北山の垣間見』(1)問題の解答

 

日もいと長きに、つれづれなれば、夕暮れのいたうかすみたるに紛れて、かの小柴垣のもとに立ち出でたまふ。人々は帰したまひて、惟光朝臣とのぞきたまへば、ただこの西面にしも、持仏すゑたてまつりて、行ふ尼なりけり少し上げて、花奉るめり

 

中の柱に寄りゐて、脇息の上に経を置きて、いとなやましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。四十あまりばかりにて、いと白うあてに、やせたれど、つらつきふくらかに、まみのほど、髪のうつくしげにそがれたる末も、「なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかな」と、あはれに見たまふ。

 

 

問題1.④簾、⑥脇息、の漢字の読みを答えよ。

 

 

 

問題2.①つれづれなり、②西面、⑦なやましげなり、⑧あてなり、のここでの意味を答えよ。

 

 

 

問題3.③けり、⑤めり、の助動詞の文法的意味として、「ア~ス」の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。

ア.過去  イ.詠嘆  ウ.完了  エ.受身  オ.尊敬  カ.可能  キ.推量  ク.意志  ケ.婉曲  コ.婉曲  サ.推定  シ.伝聞  ス.断定

 

 

 

問題4.「⑨髪のうつくしげにそがれたる末」、「⑩なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかな」の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 解答はこちら源氏物語『若紫/北山の垣間見』(1)問題の解答

 

源氏物語『若紫/北山の垣間見』まとめ

 

 

 

 - 未分類