フロンティア古典教室

新古今和歌集「見渡せば花も紅葉も~」解説・品詞分解・現代語訳

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

作者:藤原定家(ふじわらのさだいえ)

 

見渡せば  花も紅葉(もみじ)も  なかりけり  浦の(とま)()の  秋の夕暮れ

 

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして②の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

なかり=ク活用の形容詞「無し」の連用形

 

けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。「けり」は過去の意味で使われることがほとんどだが、①和歌での「けり」②会話文での「けり」③なりけりの「けり」では詠嘆に警戒する必要がある。①はほぼ必ず詠嘆だが、②③は文脈判断

 

浦の苫屋=海辺の粗末な漁師小屋

 

見渡すと、花も紅葉も(美しいものは何も)ないのだなあ。海辺の粗末な漁師小屋でのこの秋の夕暮れは。

 

 

 

『新古今和歌集』まとめ

 

 

 

 - 未分類