フロンティア古典教室

古今和歌集「五月待つ花橘の~」解説・品詞分解・現代語訳

   

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

作者不詳:詠み人知らず

 

(さつき)月待つ  (はな)(たちばな)の  ()をかげば  昔の人の  (そで)()ぞする

 

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして②の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

する=サ変動詞「す」の連体形。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

五月を待って咲く橘の花の香りをかぐと、昔親しくしていた人(=恋人)の袖の香りがすることだ。

 

 

 

『古今和歌集』まとめ

 

 

 

 - 未分類