フロンティア古典教室

源氏物語『桐壺』(3)問題の解答

   

青字=解答※赤字=注意書き、解説等

問題はこちら源氏物語『桐壺』(3)問題

 

母君は初めよりおしなべての上宮仕へしたまふべききはにはあらざり。おぼえいとやむごとなく、上衆めかしけれど、わりなくまつはさせ給ふあまりに、さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、先づまう上らせ給ふ

 

ある時には大殿ごもり過ぐして、やがてさぶらはせたまひなど、あながちに御前去らずもてなさせたまひしほどに、おのづから軽き方にも見えを、この御子生まれたまひて後は、いと心ことに思ほしおきてたればにも、ようせずは、この御子のゐたまふべきめり」と、一の皇子の女御は思し疑へり。

 

 人より先に参りたまひてやむごとなき御思ひなべてならず、御子たちなどもおはしませば、この御方の御いさめをのみぞ、なほわづらはしう、心苦しう思ひ聞こえさせたまひける

 

かしこき御蔭をば頼み聞こえながら、おとしめ、きずを求め給ふ人は多く、わが身はか弱く、ものはかなきありさまにて、なかなかなるもの思ひをぞし給ふ。御局は桐壺なり。

 

 

問題1.①おしなべての、②きは、⑩坊、のここでの意味を答えよ。

 

ふつうの・一般の

おしなべて=副詞、すべて、一様に、ふつう、ありきたり

身分

際(きわ)=名詞、①端、②時・場合、③家柄・身分、④境目、ここでは③家柄・身分

皇太子・東宮・東宮坊

 

 

問題2.③き、⑧し、⑫な、⑬めり、の助動詞の文法的意味として、「ア~シ」の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。

ア.使役  イ.尊敬  ウ.過去  エ.完了  オ.詠嘆  カ.推定  キ.伝聞  ク.断定  ケ.存在  コ.婉曲  サ.仮定  シ.推量

 

ウ.過去

き=過去の助動詞「き」の終止形、接続は連用形

ウ.過去

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

ク.断定

な=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形。「なるめり」→「なんめり」(音便化)→「なめり」(無表記)と変化していった。

カ.推定

めり=推定の助動詞「めり」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。視覚的なこと(見たこと)を根拠にする推定の助動詞である。

 

 

問題3.「④わりなくまつはさせ給ふ」、「⑤先づまう上らせ給ふ」、「⑥やがてさぶらはせたまひなど」、「⑦もてなさせたまひしほどに」、の中から使役の助動詞が使われているものを④~⑦の番号で答えよ。

 

答え:⑤、⑥

※参照源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(3)

 

 

問題4.「⑨いと心ことに思ほしおきてたれば」の主語を補って現代語訳せよ。

 

たいそう格別に心を配り扱いなさったので

心異に=ナリ活用の形容動詞「心異なり」の連用形、(心構えや気配りが)格別である

思ほし=サ行四段動詞「思ほす(おぼほす)」の連用形、「思ふ」の尊敬語、お思いになる。動作の主体である桐壷帝を敬っている。作者からの敬意。

おきて=タ行下二段動詞「おきつ」の連用形、取りはからう、計画する、指図する

たれ=完了の助動詞「たり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

 

問題5.「⑪ようせずは」を接続助詞「は」の意味に気を付けて現代語訳せよ。

 

わるくすると(もしかすると)

※(良う(形容詞)/せ(サ変動詞)/ず/は)

打消の助動詞「ず」の連用形 + は =仮定条件「もし~ならば」という意味になる。もう一つ同類のものとして、形容詞の連用形「~く」 + は=仮定条件「もし~ならば」というものがある。なので、「~ずは」・「~くは」とあれば、仮定条件と言うことに気をつけるべき。この「は」は接続助詞「ば」からきているので、「ば」のまま使われるときもある。

 

 

問題6.「⑭人より先に参りたまひて」の「たまひ」は誰を敬っているか(敬意の対象は誰か)人物を答えよ。

 

※ここでの「給ふ」はすべて尊敬語として使われているので、動作の主体を敬っている。(ちなみに「給ふ」は下二段活用の時は謙譲語として使われる。)

誰を敬っているか:一の御子の女御(弘徽殿の女御)  ※「人より先に参った」という動作の主体

 

 

問題7.「⑮やむごとなき御思ひなべてならず」、「⑰かしこき御蔭をば頼み聞こえながら」、「⑱なかなかなるもの思ひをぞし給ふ」、の現代語訳を答えよ。

 

大切になさる気持ちも並ひととおりでなく

やむごとなき=ク活用の形容詞「やんごとなし」の連体形、①捨ててはおけない、②格別だ、並々でない③高貴である、ここでは②並々ではない、格別だの意味だと思われる。

なべて(並べて)=副詞、一般に、すべて、並ひととおり、ふつう

なら=断定の助動詞「なり」の未然形、接続は体言・連体形

ず=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

 

(桐壷の更衣は)恐れ多い(桐壷帝の)庇護を頼みに思い申し上げているけれども

かしこき=ク活用の形容詞「畏し(かしこし)」の連体形、恐れ多い、恐れ多いほど尊い

御蔭=名詞、かばってくれる人、庇護、恩恵。

聞こえ=補助動詞ヤ行下二「聞こゆ」の連用形、謙譲語。動作の対象(頼みに思われる人)である桐壷帝を敬っている

ながら=接続助詞、次の③の意味で使われている。

①そのままの状態「~のままで」例:「昔ながら」昔のままで

②並行「~しながら・~しつつ」例:「歩きながら」

③逆接「~でも・~けれども」 例:「敵ながら素晴らしい」

④そのまま全部「~中・~全部」例:「一年ながら」一年中

 

かえって(帝のご寵愛をいただかない方が良いといった)思い悩みをしなさる。

なかなかなる=ナリ活用の形容動詞「中中なり(なかなかなり)」の連体形、中途半端なさま、かえって~(しない方がよい)。ここでの意味は、「かえって桐壷帝の寵愛をいただかない方がよい」という感じである。

もの思ひ=名詞、思い悩むこと、心配

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

し=サ変動詞「す」の連用形

給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。動作の主体(思い悩むことをしている人)である桐壷の更衣を敬っている。作者からの敬意。

 

 

問題8.「⑯心苦しう思ひ聞えさせたまひける」の中から敬語の意味を持つ語をすべて抜き出し、敬語の種類と誰から誰に対しての敬意の表現であるかを答えよ。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

抜き出す語

敬語の種類

誰から

誰に対して

聞こえ

謙譲語

作者

一の御子の女御(弘徽殿の女御)

させ

尊敬語

作者

帝(桐壷帝)

たまひ

尊敬語

作者

帝(桐壷帝)

聞こえ=ヤ行下二の補助動詞「聞こゆ」の未然形、謙譲語。~し申し上げる、お~する。動作の対象(気の毒に思われる人)である弘徽殿の女御を敬っている。

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語が来ているため「使役」か「尊敬」かは文脈判断。ここは「尊敬」の意味であり、直後の「給ひ」とともに動作の主体(気の毒に思う人)である桐壷帝を敬っている。

たまひ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連用形、尊敬語。

 

 

問題9.「⑯心苦しう思ひ聞えさせたまひける」において、「心苦しう」とは桐壷帝が一の御子の女御(弘徽殿の女御)に対して心苦しいということであるが、それはなぜなのか理由を答えよ。

 

弘徽殿の女御は他の后よりも先に后として入内なさったうえに、子供もできているにもかかわらず、他の女性(桐壷の更衣)とその子供に対して入れ込んでいるため。

※だいたい合っていれば良い

 

 

 源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(3)

 

 源氏物語『桐壺』まとめ

 

 

 

 - 未分類