フロンティア古典教室

源氏物語『桐壺』(1)問題

   

解答はこちら源氏物語『桐壺』(1)問題の解答

 

いづれの御時にか。女御、更衣あまたさぶらひ給ひけるなかに、いとやんごとなき際にはあらぬがすぐれて時めき給ふありけり。はじめより、我はと思ひあがり給へる御かたがためざましきものにおとしめそねみ給ふ。同じ程、それより下臈の更衣たちは、ましてやすからず。

 

朝夕の宮仕につけても、人の心をうごかし、恨みを負ふつもりにやありけむ、いとあつしくなりゆき、物心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものにおぼほして人の譏りをもえ憚らせ給はず、世の例にもなりべき御もてなしなり。

 

上達部、上人なども、あいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の御おぼえなり。もろこしにも、かかる事の起りにこそ世も乱れあしかりけれと、やうやう天の下にもあぢきなう、人のもてなやみぐさになりて、楊貴妃の例も引き出でべくなりゆくに、いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへの類なきをたのみにて交じらひ給ふ。

 

 

問題1.⑤下臈、⑩上達部、の漢字の読みをそれぞれ答えよ。

 

 

 

問題2.①やんごとなき際、②時めき、④めざましき、⑤下臈、⑪あいなう、⑬あぢきなう、のここでの意味を答えよ。

 

 

 

問題3.⑨ぬ、⑭つ、の助動詞の文法的意味として、「ア~サ」の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。

ア.使役  イ.尊敬  ウ.過去  エ.完了  オ.強意  カ.推量  キ.意志  ク.可能  ケ.当然  コ.命令  サ.適当

 

 

 

問題4.「③はじめより、我はと思ひあがり給へる御かたがた」、「⑧人の譏りをもえ憚らせ給はず」、「⑮いとはしたなきこと多かれど」、の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 

問題5.「⑥恨みを負ふつもりにやありけむ」の現代語訳を助動詞に気を付けて答えよ。

 

 

 

問題6.「⑦物心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものにおぼほして」の現代語訳を主語を補って答えよ。

 

 

 

問題7.「⑫かかる事」、とはどういうことか説明せよ。

 

 

 

 源氏物語『桐壺』(1)問題の解答

 

源氏物語『桐壺』まとめ

 

 

 

 - 未分類