フロンティア古典教室

『登高(とうこう)』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/03/14

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

七言律詩。作者:杜甫(とほ)

 

風急天高クシテ猿嘯哀

(かぜ)(きゅう)(てん)(たか)くして(えん)(しょう)(かな)

 

風は激しく吹き、空は高く(澄んでおり)、猿の鳴き声が悲しく響く。

 

 

渚清沙白クシテ鳥飛

(なぎさ)(きよ)(すな)(しろ)くして(とり)()(めぐ)

 

(長江の)渚は清く砂は白く、鳥が飛び回っている。

 

 

無辺落木蕭蕭トシテ

()(へん)(らく)(ぼく)蕭蕭(しょうしょう)として(くだ)

 

見わたす限り広がっている枯れ木からは落葉がさらさらと落ち、

 

 

不尽長江滾滾トシテタル

()(じん)(ちょう)(こう)滾滾(こんこん)として()たる

 

尽きることのない長江の水は、盛んに流れている。

 

 

万里悲秋常

(ばん)()()(しゅう)(つね)(かく)()

 

故郷から遠く離れて悲しい秋に、いつも(私は)旅人の身で、

 

 

百年多病独

(ひゃく)(ねん)()(びょう)(ひと)(だい)(のぼ)

 

生涯病気がちで、たったひとりで高台に登る。

 

 

艱難苦繁霜

艱難(かんなん)(はなは)(うら)(はん)(そう)(びん)

 

(たび重なる)苦難のために霜が降りたように白くなった髪の毛がひどく恨めしいと思う。

 

 

潦倒新タニ獨酒

潦倒(ろうとう)(あら)たに(とど)(だく)(しゅ)(はい)

 

年老いやつれた私は、(病のために)近頃は濁り酒を飲むことをやめた。

 

韻=哀・廻・来・台・杯

※七言詩は原則として第一句末と偶数句末で韻を踏む。

 

対句=第一句と第二句・第三句と第四句・第五句と第六句・第七句と第八句が対句となっている。首聯(しゅれん)頷聯(がんれん)頸聯(けいれん)()(れん)聯すべてが対句となっている。

※律詩は原則として第三句と第四句(頷聯(がんれん))・第五句と第六句(頸聯(けいれん))が必ず対句となる。

 

 

『漢詩』まとめ

 

 

 - 未分類