フロンティア古典教室

無名草子『清少納言』(2)問題

   

 解答はこちら無名草子『清少納言』(2)問題の解答

 

その『枕草子』こそ、心のほど見えて、いとをかしう侍れ。さばかりをかしくも、あはれにも、いみじくも、めでたくもあることども、残らず書き記したる中に、宮の、めでたく、盛りに、時めかせ給ひしことばかりを、身の毛も立つばかり書き出でて、関白殿失せさせ給ひ、内大臣流さ給ひなどせほどの衰へをば、かけても言ひ出でぬほどのいみじき心ばせなりけむ人の、はかばかしきよすがなどもなかりけるにや

 

乳母の子なりける者に具して、遥かなる田舎にまかりて住みけるに、襖などいふもの干しに、外に出づとて、『昔の直衣姿こそ忘られね。』と独りごちけるを、見侍りければ、あやしの衣着て、つづりといふもの帽子にして侍りけるこそ、いとあはれなれ。まことに、いかに昔恋しかりけむ。」

 

 

問題1.「大臣」、「乳母」、「直衣」の漢字の読みを答えよ。※「だいじん」、「うば」以外の読み方で答えよ。

 

大臣:

乳母:

直衣:

 

 

問題2.「③失せ」、「⑧心ばせ」、「⑩はかばかしきよすが」、「⑫まかり」、「⑭独りごち」、「⑮あやしの」、「⑯あはれなれ」、のここでの意味を答えよ。

 

 

 

問題3.④させ、⑤れ、⑥し、⑨けむ、⑰けむ、の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。

ア.過去  イ.完了  ウ.詠嘆  エ.受身  オ.尊敬  カ.自発  キ.可能  ク.使役  ケ.過去推量  コ.過去の伝聞  サ.過去の婉曲

 

 

 

問題4.「②時めかせ給ひし」、「⑬忘られね」、を例にならって品詞分解し、説明せよ。

例:「い は/ず。」

いは=動詞・四段・未然形

ず=助動詞・打消・終止形

 

②品詞分解:「時 め か せ 給 ひ し」

 

 

 

 

 

 

 

⑬品詞分解:「忘 ら れ ね」

 

 

 

 

 

 

問題5.「①さばかりをかしくも、あはれにも、いみじくも、めでたくもあることども」、「②時めかせ給ひし」、「⑦かけても言ひ出でぬ」、「⑪なかりけるにや」、の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 

 

  解答はこちら無名草子『清少納言』(2)問題の解答

 

 無名草子『清少納言』まとめ

 

 

 

 - 未分類