フロンティア古典教室

『鹿柴(ろくさい)』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/03/14

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

五言絶句。作者:王維(おうい)

鹿柴(ろくさい)=鹿を飼うために柵で囲まれたところ。人気(ひとけ)のない静かな別荘の風情をうたったもの。

 

空山()

(くう)(ざん)(ひと)()えず

 

人気(ひとけ)のないひっそりした山には、人の姿が見えない。

 

 

クノミ人語

()(じん)()(ひび)()くのみ

※「但 ~ノミ」=限定、「ただ ~だけ」

ただ人の話し声が聞こえてくるだけだ。

 

 

返景入深林

返景(へんえい)(しん)(りん)()

 

夕日が深い林に差し込み、

 

 

ラス青苔

()()らす(せい)(たい)(うえ)

 

そして青い(こけ)の上を照らす。

 

韻=響・上

※五言詩は原則として偶数句末でのみ韻を踏む。

 

 

『漢詩』まとめ

 

 

 - 未分類