フロンティア古典教室

『黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/03/14

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

七言絶句。作者:李白(りはく)

 

黄鶴楼ニテ孟浩然クヲ広陵

黄鶴楼(こうかくろう)にて(もう)浩然(こうねん)広陵(こうりょう)()くを(おく)

黄鶴楼で孟浩然が広陵に行くのを見送る

 

 

故人西ノコト黄鶴楼

()(じん)西(にし)のこと黄鶴楼(こうかくろう)()

 

古くからの友人(=孟浩然)は、西方の地にある黄鶴楼に別れを告げ、

 

 

煙花三月下揚州

(えん)()三月(さんがつ)揚州(ようしゅう)(くだ)

 

花がすみの立つ春三月、揚州へと(船に乗って)下って行く。

 

 

孤帆遠影碧空

()(はん)遠影(えんえい)碧空(へきくう)()

 

帆を張った舟の遠い姿は深い青空の彼方に消え、

 

 

長江天際ルルヲ

()()長江(ちょうこう)(てん)(さい)(なが)るるを

 

後はただ、長江が空の果てまで流れるのを見るばかりである。

 

韻=楼・州・流

※七言詩は原則として第一句末と偶数句末で韻を踏む。

 

 

『漢詩』まとめ

 

 

 - 未分類