フロンティア古典教室

『絶句』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/03/14

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

五言絶句。作者:杜甫(とほ)

 

江碧ニシテ鳥逾白

(こう)(みどり)にして(とり)(いよいよ)(しろ)

 

川の水は深緑色で、(そのため)鳥はいっそう白く見える。

 

 

山青クシテ花欲エント

(やま)(あお)くして(はな)()えんと(ほっ)

 

山は濃い青色で、(そのため)花は燃え上がらんほどに赤い。

 

 

今春看又過

今春(こんしゅん)(みすみす)(また)()

 

今年の春も、みるみるうちにまた過ぎてゆく。

 

 

レノ帰年ナラン

(いず)れの()()()(ねん)ならん

 

いったい、いつになったら故郷に帰れるのだろうか。

 

韻=然・年

※五言詩は原則として偶数句末でのみ韻を踏む。

対句=第一句と第二句が対句となっている。

 

 

『漢詩』まとめ

 

 

 - 未分類