フロンティア古典教室

『五十歩百歩』原文・書き下し文・現代語訳

      2016/09/22

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)少しの違いはあっても、本質的には同じであるということ。

前後の話を含んだものはこちら孟子『五十歩百歩』原文・書き下し文・現代語訳

 

孟子対ヘテハク、「王好ヒヲ。請ツテヒヲヘン

孟子(もうし)(こた)へて()はく、「王戦ひを好む。()ふ戦ひを()つて(たと)へん。

※「請 ~」=願望、「どうか ~ させてください、どうか ~ してください」

孟子はお答えして言った。「王様は戦争がお好きです。どうか戦争でたとえさせてください。

 

 

填然トシテ、兵刃既

(てん)(ぜん)として、(これ)()し、兵刃(へいじん)(すで)(せっ)す。

 

(戦場で)ドンドンと太鼓が鳴り、武器がぶつかり合うようになりました。

 

 

キテ而走

(かふ)()て兵を()きて走る。

 

(その戦いの最中に、)よろいを脱ぎ捨てて、武器を引きずって逃げた者がいました。

 

 

イハ百歩ニシテ而後マリ、或イハ五十歩ニシテ而後マル

(ある)いは百歩にして(のち)(とど)まり、或いは五十歩にして後に止まる。

 

ある者は百歩逃げて立ち止まり、ある者は五十歩逃げて立ち止まりました。

 

 

ツテ五十歩ハバ百歩、則何如。」

五十歩を()て百歩を笑はば、(すなは)何如(いかん)。」と。

※何如=疑問、「何如(いかん)」、「どうであるか、どのようか」

五十歩逃げた者が百歩逃げた者を臆病だと言って笑ったならば、どうでしょうか。」

 

 

恵王曰ハク、「不可ナリ。直()百歩ナラ(のみ)。是レモ亦走(なり)。」

恵王(けいおう)()はく、「不可なり。直だ百歩ならざるのみ。是れも(また)走るなり。」と。

※「直 ~ 耳」=限定、「直だ ~ のみ」、「ただ ~ だけだ」

恵王は言った。「それはよくない。ただ百歩でないというだけだ。逃げたことには変わりない。」

 

 

『五十歩百歩』問題

 

 前後の話を含んだものはこちら孟子『五十歩百歩』原文・書き下し文・現代語訳

 

 

 - 未分類