フロンティア古典教室

伊勢物語『東下り』(2)問題

   

 解答はこちら勢物語『東下り』(2)問題の解答

 

ゆきゆきて駿河(するが)の国にいたり。宇津の山にいたりて、わが入らとする道は、いと暗う細きに、(つた)、かへでは茂り、もの心細く、すずろなるめを見ることと思ふに、修行者(すぎやうざ)会ひたり。「かかる道は、いかでかいまする。」と言ふを見れば、見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文かきてつく。

 

駿河なる  うつの山辺の  うつつにも  夢にも人に  あはなりけり

 

富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れ

時知ら  山は富士の()  いつとてか  鹿()の子まだらに  雪のふるらむ

 

その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十(はたち)ばかり重ねあげたらむほどして、なりは塩尻(しほじり)のやうになむありける

 

 

問題1.③すずろなる、⑪つごもり、のここでの意味を答えよ。

 

 

 

問題2.①ぬ、②む、⑤なり、⑥けり、⑦なる、⑧ぬ、⑨なり、⑩けり、⑫り、⑬ぬ、⑭らむ、の文法的説明として適切な記号を、次の中から一つ選んで答えよ。

ア.推量  イ.意志  ウ.勧誘  エ.仮定  オ.婉曲  カ.過去  キ.詠嘆  ク.完了  ケ.強意  コ.存続  サ.打消  シ.断定  ス.存在  セ.現在推量  ソ.現在の伝聞

 

 

 

問題3.「⑮ここ」とは、どこを指しているか答えなさい。

 

 

 

問題4.「⑯あげたらむ」、を例にならって品詞分解し、説明せよ。

 

例:「い は/れ/ず。」

いは=動詞・四段・未然形

れ=助動詞・受身・未然形

ず=助動詞・打消・終止形

 

⑯品詞分解:「あ げ た ら む

 

 

 

 

 

 

問題5.「④いかでかいまする」、「⑰なりは塩尻のやうになむありける」、の現代語訳をせよ。

 

 

 

 

問題6.「駿河なる  うつの山辺の  うつつにも  夢にも人に  あはぬなりけり」の和歌における序詞を抜き出しなさい。また、現代語訳を答えよ。

 

序詞:

 

現代語訳:

 

 

問題7.「時知らぬ  山は富士の嶺  いつとてか  鹿の子まだらに  雪のふるらむ」の現代語訳を答えよ。

 

現代語訳:

 

 

解答はこちら勢物語『東下り』(2)問題の解答

 

  伊勢物語『東下り』まとめ

 

 

 - 未分類