フロンティア古典教室

『臥薪嘗胆』問題の解答

   

下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・青=解答・赤=解説

 問題はこちら『臥薪嘗胆』問題

 

呉王闔廬、挙ゲテ伍員ラシム国事。員、字子胥、楚人伍奢之子ナリ。奢誅セラレテ而奔①以ヰテ

 

呉伐、闔廬傷ツキテ而死。子夫差立。子胥復②事。夫差志セント。朝夕③臥薪中④出入スルニ使メテヲシテハク
「夫差、⑤而忘レタル越人之殺シシヲ。」周敬王二十六年、夫差敗于夫椒

 

越王勾践、以ヰテ余兵会稽山、請、妻一レラント
子胥言、 「不可ナリト。」太宰伯嚭受、説キテ夫差サシム。勾践反、懸於坐臥⑥即⑦仰メテハク
⑧女レタル会稽之恥。」挙ゲテ国政大夫種⑨而シテ⑩与范蠡、事トスルヲ

 

 

太宰嚭、譖 子胥恥ヂテ一レルヲヰラレ怨望スト。夫差⑪乃⑫賜子胥属鏤之剣。子胥告ゲテ家人ハク
「必ヱヨ。檟トス也。抉リテ、懸ケヨ東門。以ント越兵之滅一レボスヲ。」乃自剄。夫差取⑬其、盛ルニテシ鴟夷、投。呉人憐レミ、立江上、命ケテ胥山

 

 

越、十年生聚、十年教訓。周元王四年、越伐⑭呉三タビタビ。夫差上姑蘇、亦請於越。范蠡⑮不。 夫差曰ハク、 「⑯吾無シト子胥。」⑰為リテ幎冒

 

 

問題1.①以ヰテ、②事、⑤而、⑥即、⑧女、⑨而シテ、⑩与、⑪乃、⑰為リテ、の漢字の読みを答えよ。

 

ひき(ゑて)

つか(ふ)

なんぢ・なんじ

すなは(ち)・すなわ(ち)

なんぢ・なんじ

しかう(して)・しこう(して)

すなは(ち)・すなわ(ち)

つく(りて)

 

 

問題2.⑧女、⑨而シテ、⑬其尸、のここでの意味を答えよ。

 

お前・あなた

そして

子胥の屍(しかばね)・子胥の死体

 

 

問題3.夫差が「③臥薪中」という行動をとった理由を答えよ。

 

自身を苦しめて、父を殺した越に対する復讐心を思い出すため。

 

 

問題4.勾践が「⑦仰メテ」という行動をとった理由を答えよ。

 

苦い胆をなめて、呉に敗れた屈辱を思い出すため。

 

 

問題5.夫差が「⑫賜子胥属鏤之剣」という行動の意味を答えよ。

 

子胥にその剣を使って自殺するよう促している。

 

 

問題6.「④出入スルニ使メテヲシテハク」、「⑤而忘レタル越人之殺シシヲ」、「⑭呉三タビタビ」、「⑮不」、の現代語訳を答えよ。

 

出入りをする際に人々に叫ばせたことには

 

お前は越の国の人間がお前の父を殺したのを忘れたのか

 

呉は三度戦って、三度とも敗走した

※「三」は数が多いことを表す言葉でもあるため、「呉は何度も戦い、そのたびに敗走した。」といった訳でも良い。

 

聞き入れなかった

 

 

問題7.「太宰嚭」がしたことを二つ答えよ。

 

一つ目:越からの賄賂を受け取り、夫差を説得して越王を許させた

※説=使役「説キテ(セ)シム。」→「Aに説きてB(せ)しむ。」→「Aを説得してBさせる。」

 

二つ目:子胥が自分のはかりごとが用いられなかったことを悔しく思い、恨みに思っていると、夫差に対し嘘の訴えをして、子胥を貶めようとした。

 

 

問題8.「⑯吾無シト子胥」という夫差の発言から読み取れる心情を、漢字一文字で表すものとして最も適当なものを次の記号から選びなさい。

 

ア.怒

イ.恥

ウ.驚

エ.恨

オ.悲

※子胥のことを信用せず、彼の忠告に気付かなかった自身を恥じ、後悔している。

 

 

問題9.「臥薪嘗胆」という故事成語の現代での意味を答えよ。

 

答え:目的を果たすために苦労に耐えること。

 

 

 

 

 - 未分類