フロンティア古典教室

徒然草『花は盛りに』現代語訳

      2016/05/20

「黒=原文」・「青=現代語訳

 解説・品詞分解はこちら徒然草『花は盛りに』解説・品詞分解

 

 花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。

 

(春の桜の)花は真っ盛りなのを、(秋の)月はかげりなく輝いているものだけを見るものだろうか。(いや、そうではない。)

 

 

雨に向かひて月を恋ひ、垂れ込めて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し。

 

雨に向かって(見えない)月を恋しく思い、簾を垂らした部屋に閉じこもって春の過ぎゆくのを知らないでいるのも、やはりしみじみと感じられて趣が深い。

 

 

咲きぬ べきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ。

 

(きっと今にも)咲きそうな梢や、散ってしおれている庭などこそが見所が多い。

 

 

歌の詞書(ことばがき)にも、「花見にまかれりけるに、早く散り過ぎにければ。」とも、

 

和歌の詞書にも、「花見に参りましたところ、すでに散ってしまっていたので。」とも、

※詞書(ことばがき)=歌の前に書きつける前置き。和歌を詠むに至った動機・背景などを書く。

 

 

「障ることありてまからで。」なども書けるは、

 

「さしつかえることがあって(花見に)参りませんで。」などとも書いているのは、

 

 

「花を見て。」と言へるに劣れることかは。

 

「花を見て。」と書いているのに比べて劣っていることがあろうか。(いや、ない。)

 

 

花の散り、月の傾くを慕ふならひはさることなれど、

 

花が散り、月が傾くのを慕う世のならわしはもっともなことであるが、

 

 

ことにかたくななる人ぞ、「この枝かの枝、散りにけり。今は見どころなし。」などは言ふめる。

 

特に物の情趣を理解しない人は、「この枝もあの枝も、散ってしまった。今はもう見所がない。」などと言うようだ。

 

 

よろづのことも、始め終はりこそをかしけれ。

 

すべて何事においても、初めと終わりにこそ趣がある。

 

 

男女の情けも、ひとへに逢ひ見るをばいふものかは。

 

男女の恋愛も、ひたすら会うことだけを言うものだろうか。(いや、そうではない。)

 

 

逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明かし、

 

恋が成就することなく終わってしまったつらさを思い、成就しない約束を恨み嘆き、長い夜をひとりで明かし、

 

 

遠き雲井を思ひやり、浅茅が宿に昔をしのぶこそ、色好むとはいはめ。

 

遠く離れた所(に居る恋人の事)を思いやり、浅茅(あさぢ)が生い茂っている荒れた家で昔を思いしのぶ、ということこそ、恋の情趣を理解すると言うのだろう。

 

 

望月(もちづき)の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも、暁近くなりて待ち出でたるが、

 

満月のかげりがなく輝いているのをはるか遠くの方まで眺めているよりも、明け方近くになって、待ちに待ってようやく出て来た月が、

 

 

いと心深う、青みたるやうにて、深き山の杉の梢に見えたる木の間の影、

 

とても趣が深く、青みを帯びているようで、深い山の杉の梢(の辺り)に見えている木と木の間の月の光、

 

 

うちしぐれたるむら雲隠れのほど、またなくあはれなり。

 

少し時雨(しぐれ)が降った群雲(むらくも)に隠れている(月の)様子が、この上なくしみじみと趣深い。

 

 

椎柴(しひしば)・白樫(しらかし)などのぬれたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、

 

椎の木や白樫などの濡れているような葉の上に(月が)きらめいているのは、

 

 

身にしみて、心あらむ友もがなと、都恋しうおぼゆれ。

 

身にしみて、情趣を解するような友がいればなあと、(そういう情趣を解する友人のいる)都のことが恋しく思われる。

 

 

 徒然草『花は盛りに』解説・品詞分解

 

問題はこちら徒然草『花は盛りに』(前半)問題 

 

徒然草『花は盛りに』まとめ

 

 

 

 - 未分類