フロンティア古典教室

無名抄『深草の里/おもて歌』問題

   

深草の里/おもて歌/俊成自賛歌のこと、などと題名の付けられている章です。

解答はこちら無名抄『深草の里/おもて歌』問題の解答

 

 

 俊恵いはく、「五条三位入道のもとに詣でたりしついでに、『御詠の中には、いづれをかすぐれたりと思す。よその人さまざまに定め侍れど、それをば用ゐ侍るべからず。まさしく承らと思ふ。』と聞こえしかば、

 

『夕されば  野辺の秋風  身にしみて  うづら鳴くなり  深草の里

これをなん、身にとりてはおもて歌と思い給ふる。』と言はれしを、俊恵またいはく、『世にあまねく人の申し侍るは、

 

面影に  花の姿を  先立てて  幾重越え来ぬ  峰の白雲

これを優れたるように申し侍るはいかに。』と聞こゆれば、『いさ、よそにはさもや定め侍るらん。知り給へず。なほみづからは、先の歌には言ひ比ぶべからず。』と侍りし。」

 

と語りて、これをうちうちに申ししは、

「かの歌は、『身にしみて』という腰の句いみじう無念におぼゆるなり。これほどになりぬる歌は、景気を言ひ流して、ただそらに身にしみけんかし思はせたるこそ、心にくくも優にも侍れ。いみじう言ひもてゆきて、歌の詮とすべきふしを、さはと言ひ表したれば、むげにこと浅くなりぬる。」とて、そのついでに、「わが歌の中には、

 

み吉野の  山かき曇り  雪降れば  麓の里は  うち時雨つつ

これをなむ、かのたぐひにせと思う給ふる。もし世の末に、おぼつかなく言ふ人もあらば、『かくこそ言ひしか。』と語り給へ。」とぞ。

 

 

問題1.②ついで、⑤聞こえ、⑮景気、⑱心にくく、のここでの意味を答えよ。

 

 

 

問題2.④ん、⑥しか、⑬べから、⑳べき、㉑ぬる、㉓ん、の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。

ア.過去  イ.完了  ウ.打消  エ.強意  オ.推量  カ.意志  キ.勧誘  ク.仮定  ケ.婉曲  コ.可能  サ.当然  セ.命令  ソ.適当

 

 

 

問題3.①詣で、③侍れ、⑤聞こえ、⑦給ふる、⑨侍る、⑩聞こゆれ、⑫給へ、⑭侍り、⑲侍れ、㉔給ふる、㉗給へ、の敬語の種類(尊敬・謙譲・丁寧のどれか)と誰から誰に対する敬意かを答えなさい。ただし、⑦、⑫、㉔、については誰に対する敬意かは答えなくて良い。

【解答例;㊿参る:謙譲語・作者→俊恵】(謙譲語であり、作者から俊恵へ敬意が払われているということ)

 

 

 

問題4.「⑧言はれし」、「⑰思はせたる」、を例にならって品詞分解し、説明せよ。

例:「い は/れ/ず。」

いは=動詞・四段・未然形

れ=助動詞・受身・未然形

ず=助動詞・打消・終止形

 

⑧品詞分解:「言 は れ し」

 

 

 

 

⑰品詞分解:「思 は せ た る」

 

 

 

 

 

問題5.「㉒かのたぐひ」とは、何を指すのか答えよ。

 

 

 

問題6.「⑪よそにはさもや定め侍るらん」、「⑯ただそらに身にしみけんかし」、「㉕おぼつかなく言ふ人もあらば」、「㉖かくこそ言ひしか」、の現代語訳を答えよ。

 

 

 

 

 

 

問題7.「夕されば  野辺の秋風  身にしみて  うづら鳴くなり  深草の里」の和歌における「なり」の文法的説明として、次の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。

ア.断定  イ.存在  ウ.伝聞  エ.推定

 

答え:

 

 

問題8.『無名抄』の作者を答えよ。

 

作者:

 

無名抄『深草の里/おもて歌』問題の解答

 

無名抄『深草の里/おもて歌/俊成自賛歌のこと』まとめ

 - 未分類