フロンティア古典教室

無名抄『深草の里/おもて歌』解説・品詞分解

      2015/09/15

「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳

原文・現代語訳のみはこちら無名抄『深草の里/おもて歌』現代語訳

作者:鴨長明(かものちょうめい)

深草の里/おもて歌/俊成自賛歌のこと、などと題名の付けられている章です。

 

 

 俊恵(しゅんゑ)いはく、「五条三位入道のもとに詣で たり ついでに、

 

詣で=ダ行下二段動詞「詣づ/参づ(もうづ)」の連用形、「行く」の謙譲語。参る、参上する。動作の対象である五条三位入道(藤原俊成)を敬っている。俊恵からの敬意。

※尊敬語は動作の主体を敬う

※謙譲語は動作の対象を敬う

※丁寧語は言葉の受け手(聞き手・詠み手)を敬う。

どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

 

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

 

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

 

 俊恵が言うことには、「五条三位入道(=藤原俊成)のところに参上した機会に、

 

 

『御詠の中には、いづれをすぐれたり思す

 

か=疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

たり=存続の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形

 

思す=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連体形。係助詞「か」を受けて連体形となっている。係り結び。「思ふ」の尊敬語。動作の主体である五条三位入道(藤原俊成)を敬っている。俊恵からの敬意。

 

『あなた(俊成)がお読みになった歌の中では、どの歌がすぐれているとお思いですか。

 

 

よその人さまざまに定め侍れ 、それを用ゐ侍る べから 

 

侍れ=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の已然形、丁寧語。言葉の受け手である五条三位入道(藤原俊成)を敬っている。俊恵からの敬意。

※「候ふ・侍(はべ)り」は補助動詞だと丁寧語「~です、~ます」の意味であるが、本動詞だと、丁寧語「あります、ございます、おります」と謙譲語「お仕え申し上げる、お控え申し上げる」の二つ意味がある。

 

ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。

 

ば=強調の係助詞。強調する意味があるが、訳す際に無視しても構わない。

 

侍る=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の連体形、丁寧語。言葉の受け手である五条三位入道(藤原俊成)を敬っている。俊恵からの敬意。

 

べから=意志の助動詞「べし」の未然形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。ここでは「可能」の意味でとらえる先生もいる。

 

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

他の人はいろいろと評定しておりますが、それを取り上げようとは思いません。

※「べから」を可能の意味でとらえると、「それを取り上げることはできません。」

 

 

まさしく承らと思ふ。』と聞こえ しか 

 

まさしく=シク活用の形容詞「正し(まさし)」の連用形、確かだ、確実だ。本当である、正しい。

 

ん=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

聞こえ=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の連用形。「言ふ」の謙譲語。動作の対象である五条三位入道(藤原俊成)を敬っている。俊恵からの敬意。

 

しか=過去の助動詞「き」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして②の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

確かに伺いたいと思う。』と(私が俊成に)申し上げたところ、

 

 

『夕されば  野辺の秋風  身にしみて  うづら鳴くなり  深草の里

 

夕されば=夕方になると。

夕さる=ラ行四段動詞、夕方になる、日が暮れる

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

鳴く=カ行四段動詞「鳴く」。終止形も連体形も「鳴く」であるため、直後の「なり」の意味で迷うことになる。

 

なり=推定の助動詞「なり」の終止形、接続は終止形(ラ変は連体形)。直前に「鳴く」が来ているため、この「なり」には「断定・存在・推定・伝聞」の四つのどれかと言うことになる。

近くに音声語(音や声などを表す言葉)がある場合には、「推定」の意味になりがち。なぜなら、この「なり」の推定は音を根拠に何かを推定するときに用いる推定だからである。

 

『夕方になると、野原を吹き渡る秋風が身にしみて、うずらが鳴いているようだ。この深草の里では。

 

 

これをなん、身にとりてはおもて歌と思い給ふる。』

 

なん=強調の係助詞。「なむ」が音便化したもの。結びは連体形となる。係り結び。

 

おもて歌=代表的な和歌、代表歌

おもて=名詞、顔、体面、名誉、面目、外面。表面、正面、前面

 

給ふる=補助動詞ハ行下二段「給ふ」の連体形、謙譲語。係助詞「なん」を受けて連体形となっている。係り結び。五条三位入道(藤原俊成)からの敬意。

※「たまふ」は四段活用と下二段活用の二つのタイプがある。四段活用のときは『尊敬語』、下二段活用のときは『謙譲語』となるので注意。下二段活用のときには終止形と命令形にならないため、活用形から判断できる。四段と下二段のそれぞれに本動詞・補助動詞としての意味がある。

 

この歌を、私にとっては代表的な和歌と思っております。』

 

 

と言は を、俊恵またいはく、『世にあまねく人の申し 侍るは、

 

れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。ここでは文脈判断。

 

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

 

あまねく=ク活用の形容詞「あまねし」の連用形、すみずみまで広くいきわたっている、残すところがない

 

申し=サ行四段動詞「申す」の連用形、「言ふ」の謙譲語。俊恵からの敬意。

 

侍る=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の連体形、丁寧語。言葉の受け手である五条三位入道(藤原俊成)を敬っている。俊恵からの敬意。

 

と(俊成が)おっしゃったので、(私)俊恵が再び言うことには、『世間で広く人が申しておりますことは、

 

 

面影に  花の姿を  先立てて  幾重(いくへ)越え来ぬ  峰の白雲

 

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形。

 

桜の姿を思い浮かべて、いくつもの山を超えて来たことだ。(桜のように見える)峰の白雲よ。

※山の頂にかかる白雲が桜のように見えるので、桜の姿を頭に思い浮かべて山をいくつも越えて来たということ。

 

 

これを優れたるように申し 侍るいかに。』と聞こゆれ 

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

申し=サ行四段動詞「申す」の連用形、「言ふ」の謙譲語。俊恵からの敬意。

 

侍る=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の連体形、丁寧語。言葉の受け手である五条三位入道(藤原俊成)を敬っている。俊恵からの敬意。

 

いかに=副詞、どんなに、どう。「いかに」の中には係助詞「か」が含まれていて係り結びが起こるはずだが省略されている。係り結びの省略。「思ひ給ふ」などが省略されている。ちなみに、「給ふ」は俊成を敬う尊敬語。

 

聞こゆれ=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の已然形。「言ふ」の謙譲語。動作の対象である五条三位入道(藤原俊成)を敬っている。俊恵からの敬意。

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている。

 

この歌を優れているように申してますが、どうですか。』と申し上げると、

 

 

『いさ、よそには  定め侍る らん。知り給へ 

 

さ=副詞、そう、その通りに、そのように。ここでは俊成の代表的な和歌が「面影に~」の歌であることを指している。

 

も=強調の係助詞。強調する意味があるが、訳す際に無視しても構わない。

 

や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

侍る=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の連体形、丁寧語。言葉の受け手である俊恵を敬っている。五条三位入道(藤原俊成)からの敬意。

 

らん=現在推量の助動詞「らむ」の連体形が音便化したもの。接続は終止形(ラ変なら連体形)。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。

 

給へ=補助動詞下二段「給ふ」の未然形、謙譲語。五条三位入道(藤原俊成)からの敬意。

 

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

『さあ。他の人はそのように論じているのでしょうか。(私は)存じません。

 

 

なほみづからは、先の歌には言ひ比ぶべから 。』と 侍り 。」

 

なほ=副詞、やはり。さらに。それでもやはり。

 

べから=可能の助動詞「べし」の未然形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある

 

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

侍り=ラ変動詞「侍り」の連用形、「あり・居り」の丁寧語。言葉の受け手(聞き手)である作者(鴨長明)を敬っている。俊恵からの敬意。

 

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。

 

やはり自身では、先の(「夕されば~」の)歌には言い比べることはできません。』とございました。」

 

 

と語りて、これをうちうちに申し は、

 

申し=サ行四段動詞「申す」の連用形、「言ふ」の謙譲語。作者(鴨長明)からの敬意。

 

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

 

と語って、これを(俊恵が私に)内密に申したことには、

 

 

「かの歌は、『身にしみて』という腰の句 いみじう無念におぼゆる なり

 

腰の句=和歌のちょうど真ん中である第三句のこと。第一句は「頭」、第二句は「胸」、第三句は「腰」、第四・五句は「尾」である。

 

いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても

 

おぼゆる=ヤ行下二の動詞「覚ゆ」の未然形。「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。

 

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

 

「あの歌は、『身にしみて』という第三句がひどく残念に思われるのです。

 

 

これほどになり ぬる歌は、景気を言ひ流して、ただそらに身にしみけん かし

 

なり=ナ行四段活用の動詞「成る」の連用形

 

ぬる=完了の助動詞「ぬ」の連体形、接続は連用形

 

そらに=ナリ活用の形容動詞「そらなり」の連用形、明確な根拠がない。いいかげんだ。うわの空だ。暗記して、空で覚えて。

 

けん=過去推量の助動詞「けむ」の終止形が音便化したもの。接続は連用形。

 

かし=念押しの終助詞、文末に用いる、~よ。~ね。

 

これほどに(すばらしく)なった歌は、景色をさらりと詠んで、ただなんとなく身にしみただろうな

 

 

と思は たる こそ心にくく優に侍れ

 

せ=使役の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「す・さす」には、「使役と尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ていない場合は必ず「使役」の意味である。

 

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

 

こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。係り結び。

 

心にくく=ク活用の形容詞「心にくし」の連用形、心惹かれる、奥ゆかしい、上品である

 

優に=ナリ活用の形容動詞「優なり」の連用形、優美だ、上品だ

 

侍れ=補助動詞ラ変「侍り(はべり)」の已然形、丁寧語。係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。係り結び。言葉の受け手である作者(鴨長明)を敬っている。俊恵からの敬意。

 

と感じさせる方が、奥ゆかしく優美でもあるのです。

 

 

いみじう 言ひもてゆきて、歌の詮とすべきふしを、

 

いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても

 

言ひもてゆく=最後まで言いつめてゆく、話を詰めていく、言い続ける

もてゆき=カ行四段動詞「もてゆく」の連用形、しだいに~してゆく。「もて」は接頭語で、あまり意味はない。

 

歌の詮=歌の眼目、歌の主要な部分

 

べき=当然の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。

 

(『身にしみて』と)はっきり言い表してしまって、歌の眼目とすべき点を、

※「いみじう言ひもてゆきて」を「(第二句までを)うまく詠んでいって」と訳す説もある。

 

 

 と言ひ表したれ むげにこと浅くなりぬる。」

 

さ=副詞、そう、その通りに、そのように

 

は=強調の係助詞、訳す際には無視しても構わない。

 

たれ=存続の助動詞「たり」の已然形、接続は連用形

 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

 

むげに=ナリ活用の形容動詞「無下なり(むげなり)」の連用形、言いようもなくひどい、どうしようもない

 

ぬる=完了の助動詞「ぬ」の連体形、接続は連用形

 

そうだと表現しているので、ひどく和歌の趣が浅くなってしまった。」

 

 

とて、そのついでに、「わが歌の中には、

 

序(ついで)=名詞、おり、機会。物事の順序、次第。

 

と言って、その機会に(俊恵が作者に対して言うことには)、「私の歌の中では、

 

 

み吉野の  山かき曇り  雪降れば  麓(ふもと)の里は  うち時雨(しぐれ)つつ

 

み吉野=「み」は接頭語、特に意味はない

 

かき曇り=ラ行四段動詞「かき曇る」の連用形、空一面に曇る。涙で目の前が曇る

 

ば=接続助詞、直前が已然形であり、②偶然条件「~ところ・~と」の意味で使われている

 

うち時雨=ラ行下二段動詞「うちしぐる」の連用形、時雨が降る。涙が出る、涙ぐむ。「うち」は接頭語、「ちょっと・すこし」などの意味があるが、あまり気にしなくてもよい。

 

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、ここでは④の意味で使われている。

 

吉野の山が一面に曇って雪が降ると、麓の里は時雨が降っていることだ。

 

 

これをなむかのたぐひにせ思う 給ふる

 

なむ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

 

かのたぐひ=俊成の「おもて歌(代表的な和歌)」と同じ類。自身の代表的な和歌を指している。

 

ん=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

 

思ふ=ハ行四段動詞「思ふ」の連用形が音便化したもの。

 

給ふる=補助動詞ハ行下二段「給ふ」の連体形、謙譲語。係助詞「なむ」を受けて連体形となっている。俊恵からの敬意。

 

これを、私の代表的な和歌にしようと思っております。

 

 

もし世の末に、おぼつかなく言ふ人もあら 

 

おぼつかなく=ク活用の形容詞「おぼつかなし」の連用形、ぼんやりしている、はっきりわからない。頼りない、不安だ。

 

あら=ラ変動詞「あり」の未然形

 

ば=接続助詞、直前が未然形であり、④仮定条件「もし~ならば」の意味で使われている。

 

もし後の世に、(俊恵の代表的な和歌が)はっきりしないと言う人があったならば、

 

 

かく こそ言ひしか。』と語り給へ。」と

 

斯く(かく)=副詞、このように、こう

 

こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。係り結び。

 

しか=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

 

給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の命令形、尊敬語。動作の主体である作者(鴨長明)を敬っている。俊恵からの敬意。

※「たまふ」は四段活用と下二段活用の二つのタイプがある。四段活用のときは『尊敬語』、下二段活用のときは『謙譲語』となるので注意。下二段活用のときには終止形と命令形にならないため、活用形から判断できる。四段と下二段のそれぞれに本動詞・補助動詞としての意味がある。

 

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となるが、ここでは省略されている。係り結びの省略。「言ふ・言はるる・言ひ侍る」などが省略されていると考えられる。

 

『(俊恵自身は)このように言った。』とお話しください。」と(言われた)。

 

 

 問題はこちら無名抄『深草の里/おもて歌』問題

 

無名抄『深草の里/おもて歌/俊成自賛歌のこと』まとめ

 - 未分類