フロンティア古典教室

『漁父辞(漁夫の辞)』原文・書き下し文・現代語訳

   

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

 

屈原既タレテ、遊於江潭、行吟沢畔

屈原(くつげん)既(すで)に放たれて、江潭(こうたん)に遊び、行(ゆくゆく)沢畔(たくはん)に吟ず。

 

屈原は追放されてしまって、湘江の淵(ふち)をさまよい、歩きながら沢のほとりで歌っていた。

 

 

顔色憔悴、形容枯槁

顔色憔悴(しょうすい)し、形容枯槁(ここう) す。

 

顔色はやつれはて、姿は痩せ衰えている。

 

 

漁父見而問ヒテハク

漁父見て之に問ひて曰はく、

 

老人の漁師は彼を見て、尋ねて言った。

 

 

「子三閭大夫与。何レルト於斯。」

「子は三閭大夫(さんりょたいふ)に非ずや。何の故に斯(ここ)に至れる」と。

 

「あなたは(楚国の)三閭大夫ではありませんか。どうしたわけでここにいらっしゃるのか。」と。

 

 

屈原曰ハク、「挙ゲテ皆濁、我独メリ

屈原曰はく、「世を挙げて皆濁れるに、我独り清(す)めり。

 

屈原は言った。「世の中は皆濁っているのに、私ひとりが清らかである。

 

 

衆人皆酔、我独メタリ。是タリト。」

衆人皆酔へるに、我独り醒めたり。是を以て放たれたり」と。

※見=受身「見(セ)/見(セ)」→「A(せ)る/A(せ)らる」→「Aされる」

人々は皆酔っているのに、私独りが(酔わないで)さめている。だから追放されてしまったのだ。」と。

※「酔う」とは、利欲に目がくらんで、人としてまっとうな道を歩むことを放棄することを指す。

 

 

漁父曰ハク、「聖人シテ於物、而能世推移

漁父曰はく、「聖人は物に凝滞(ぎょうたい)せずして、能(よ)く世と推移す。

 

老人の漁師は言った。「聖人は物事にこだわらず、世に合わせて移り変わることができると言います。

 

 

世人皆濁ラバ、何シテ、而揚

世人皆濁(にご)らば、何ぞ其の泥を淈(にご)して、其の波を揚げざる。

※何不=反語。「何ぞ~(せ)ざる」→「どうして~しないのか。(いや、~すればよい。)」。再読文字である「蓋」と同じ意味である。「何不」と「蓋」はどちらも「かふ」と読める。

世の人が皆濁っているならば、どうして(あなたも一緒になって)泥をかきまわし、その濁った波をお立てにならないのか。

 

 

衆人皆酔ハバ、何ヒテ、而歠

衆人皆酔はば、何ぞ其の糟(かす)を餔(くら)ひて、其の釃(しる)を歠(すす)らざる。

 

人々がみな酔っているならば、どうして(あなたも一緒になって)その酒かすを食べて、(そのかす汁から絞った)薄い酒を飲まないのですか。

 

 

ガリテ、自ムルコトヲスカ。」

何の故に深く思ひ高く挙がりて、自ら放たしむることを為(な)すか」と。

※令=使役「令ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」

どうして深刻に思い悩み、お高くとまって、自ら(自分自身を)追放させるようなことをなさるのか。」と。

 

 

屈原曰ハク、「吾聞ケリ。『新タニスル、新タニスルルフト。』

屈原曰はく、「吾之を聞けり。『新たに沐(もく) する者は必ず冠を弾き、新たに浴する者は必ず衣を振るふ』と。

 

屈原は言った。「私はこう聞いております。『髪を洗ったばかりの者は、必ず冠を弾いてちりなどを落としてからかぶり、入浴したばかりの者は、必ず衣服をふるってちりを落としてから着る』と。

 

 

クンゾ身之察察タルヲ、受ケン物之汶汶タル乎。

安(いず)くんぞ能く身の察察たるを以て、物の汶汶(もんもん)たる者を受けんや。

 

どうして私自身の潔白な体に、汚れたものを受けつけられましょうか。

 

 

キテ湘流、葬ラルトモ於江魚之腹中

寧(むし)ろ湘流に赴(おもむ)きて、江魚の腹中に葬(ほうむ)らるとも、

 

(それならば、)いっそのこと、湘江の水の流れに身を投げて、川魚の腹の中に葬られても、(そちらのほうがましであり、)

 

 

クンゾテシテ皓皓之白キヲ、而蒙ラン世俗之塵埃。」

安くんぞ能く晧晧(こうこう) の白きを以てして、世俗の塵埃を蒙(こうむ)らんや」と。

 

どうして真白な潔白の身に、世俗のちりやほこりを受けられるだろうか。」と。

 

 

漁父莞爾トシテ而笑、鼓シテ而去。乃ヒテハク

漁父莞爾(かんじ)として笑ひ、枻(えい) を鼓して去る。乃(すなは)ち歌ひて曰はく、

 

老人の漁師はにっこりと笑い、櫂(かい:水をかいて舟を進める道具)を漕いで去った。そのとき、こう歌った。

 

 

滄浪之水清マバ兮、可

「滄浪(そうろう)の水清(す)まば、以て吾が纓(えい)を濯(あら)ふべし。

 

滄浪の水が澄んでいるのならば、私の冠の紐を洗おう。

※「冠のひもを洗う」は、身だしなみを整え、威儀を正して官職に仕えることを意味している。

 

 

滄浪之水濁ラバ兮、可シト

滄浪の水濁らば、以て吾が足を濯(あら)ふべし」と。

 

滄浪の水が濁っているのならば、私の足を洗おう。」と。

※「足を洗う」は、役人を辞めることを意味している。

 

 

リテ、不

遂に去りて、復た与(とも)に言はず。

※「不(セ)」=部分否定「復たA(せ)ず」→「決してAしない。二度とはAしない。」

とうとうそのまま去って、二度と話し合うことはなかった。

 

 

 問題はこちら『漁父辞(漁夫の辞)』問題

『漁父辞(漁夫の辞)』まとめ

 - 未分類